slow heads

f0079249_118053.jpg見事な秋晴れ。
思わず写真を撮らずにはいられませんでした。
空気が澄み、真っ青に広がる青空は何て気持ちがいいんだろう。
どこか遠くへ行きたくなる。
自転車をこいでどこまでも・・・
でもやっぱり辿り着いたのはいつもの馬公園。

f0079249_126963.jpg












公園一面に転がるドングリ。             
f0079249_1213498.jpg

秋祭り。maiki.taikiと。
f0079249_1311373.jpg












さつまいも掘り。
f0079249_1331853.jpg

セミの抜け殻。
f0079249_1292125.jpg













f0079249_13681.jpg
そして秋はとっても素敵な贈り物をくれた。
camiから生まれて初めての落ち葉のプレゼント。
なんて風情があるのでしょう。
とぉちゃんと2人、外から帰ったcamiが手にしていたそれは、「かぁかぁに!」と言ってcamiが自ら拾ったらしい。
決してd.dのさしがねではない。・・・と信じたい。



         羊雲。
f0079249_150210.jpg




2006・AUTUMN
[PR]
# by happeacemile | 2006-10-18 02:05 | cami's life

HIGH LOOSE

f0079249_03541.jpg気が付けば、もうすでに10月。
9月は何をして遊んだっけ?

maiki、taiki、kouchannと砧公園でピクニック。
とっても心地よくて、ビールがうまかったぁ。
吸い込まれそうな緑。子供はやっぱり裸足で元気よく。ここは理想が叶う場所。

毎日一言でもいいから日記を書く・・・これがnaoの理想なのだが、現実には月に2回~3回まとめてばばばぁ~っとなってしまう。
別に子育てに追われてるわけではないし、疲れてもいない。ただグータラなだけ。
camiのしゃべる言葉は毎日少しずつ進化している。
「そんな言葉が言えるようになったの!?」2日に1っぺんはこのセリフを言っているように思う。
その瞬間はすごく感動しているのに、次の日になるとあたりまえのようになってしまう。だから、その日の感動はその日のうちに。である。
もうすでに10月も半ばに近いので、この目標は11月に託すことにする。


f0079249_0533893.jpgaoiに会いに行ったよ。
特急のガタゴト揺れる電車でも1人で立っていられるくらい、足腰強くなりました。

aoiと勝負!!
cami、2勝5敗・・・でaoiの勝利・・・
1回はcamiのズル。もう1回はaoiのスタミナ切れ。
f0079249_056213.jpg


















f0079249_112656.jpgmaoとデート。
mao母はnaoの幼馴染。
どんなに会えない時間が長くても、誰よりも心を許せてしまう。
幼馴染ってやっぱりいい。
camiにはもっともっと沢山の幼馴染を作ってもらいたいな。

f0079249_192619.jpg













f0079249_1133930.jpg
amonnと。
プール行って、ご飯食べて、コーヒー買って、屋上へ。
いつものお決まりコース。

amonnが断乳を成功させた。
camiはいつになることやら・・・
おっぱい飲む顔が可愛い過ぎて、どうしてもやめられない・・・






f0079249_1202762.jpg
maikiとcamiが走り回るいつもの園芸高校で真っ白なカエルを見つけたよ。
何か素敵なことが起こるかな・・・?

ここではいろんな生き物に触れ合える。
ちょうちょ、バッタ、カマキリ、アメンボ、トカゲ・・・
芝生と木々しかないから当たり前のように虫に目がいく。
虫を好きになる。
落ちている枝がおもちゃになり、歴史を感じる石階段が遊具になる。
自然ってすごい!
子供は遊びの天才だ!!

空が澄んで、雲が楽しい形を見せてくれるこの気持ちいい季節、まだまだ楽しいことが起きそうだ。





f0079249_242493.jpg

[PR]
# by happeacemile | 2006-10-13 02:07 | cami's life

ponnta

f0079249_031652.jpgponntaが星になった。
2006年9月23日(土) 午後2:30 眠るように、安らかに・・・

2週間前、小腸ガンと宣告され、腫瘍の摘出手術を行った。手術は成功したが、他に転移した場合は危険だと言われた。
手術後、入院しているponnに会いに行くとすごく元気だった。naoの顔を見ると嬉しそうに短い尻尾を振って擦り寄ってきたんだ。痩せてしまった小さなponnを抱き寄せて沢山沢山、チュウをした。眉間の間を撫でてやると、気持ちよさそうに目を細めた。
でもこれが、生きているponntaを抱くことのできた最後になった。

元気に病院から帰ってきたponnだったが、次の日の夜、去年辺りから発症したてんかんの発作を5回も起こしたという。それがponnを弱らせた最大の原因だったかもしれない。
camiが生まれてからは、微妙に遠い実家になかなか帰れないでいた。ponntaに会いたくて、月1回2回、やっと顔を出せるといった感じだった。そのためponnがてんかんの発作で苦しむ姿は1度も目にしたことがない。nao父は安楽死を考える程、ponnがかわいそうで辛かったと言っていた。
ponntaが亡くなる前の日、義姉から電話があった。「明日帰ってこれない?」ponnの病状を詳しく知らされていなかったnaoは予定があるからと、断った。
次の日目が覚めると、やっぱり行こう・・・ponntaに呼ばれたのかもしれない。予定をキャンセルして、camiと2人、実家に向かった。午後2時、到着。ponnが息を引き取る30分前だった。

痩せ細り、ぐったりと横たわるponnta。触れたら壊れてしまいそうだった。naoの到着を待っていたかのように、そのままponnは目を閉じた。

f0079249_2132959.jpgponntaが我が家にやってきたのは11年前。手のひらに乗るくらい小ちゃくて、くりんくりんの毛がとってもかわいい子犬だった。
naoの亡き母が、奇跡的な生還を遂げ、犬を飼いたいと言い出した。犬(動物)が苦手のnao父、naoやnao兄がどんなに頼んでも首を横に振っていたのに、愛する妻の頼みには1つ返事でOKした。

ponntaはすごく賢い犬だった。
犬らしい犬。
ミニチュアシュナウザーのオスで、飼い主には忠実。nao母の言うことしか聞かなかった。番犬としても優れていて、呼び鈴の音や玄関から入ってくる客にはすごい勢いで吠えまくっていた。でも店(nao実家は床屋)にくるお客には決して吠えない。住居と店がつながった作りになっているが、店にトコトコ出て行ってしまうことも1度もなかった。
nao母が亡くなった日、ponnは暴れまくった。家中を気が触れたように走り回り、うなり声をあげ、荼毘に付された後も、母の寝ていた布団の上でまるくなり、決して動こうとしなかった。そんなponnを見ていることが何よりも辛かった。窓辺に伏せて、来る日も来る日もお母さんの帰りを待ちつずけ、背格好の似ている人が通ると吠えていたっけ。しばらくの間は「お母さん」って言葉も禁句だったな。そんなponntaも徐々に落ち着きを取り戻し、だんだんとnaoを受け入れるようになっていった。naoが家を出てからはnao父に。

f0079249_228467.jpgponntaは近所でもなかなか評判のイケメンだった。「もしかしてponntaちゃんですか?」と、初対面の人でもきずいてしまうほど、一般的なミニシュナよりも数倍かわいい。その訳は体つきもおおきな理由の1つだろう。運動量が半端じゃない。
ponnは散歩が大好き。1日2回、1回1時間強の散歩を毎日していた。リードを放してもちゃんと言うことを聞く、賢い子だった。川土手でリードを放してやると、ウサギみたいに飛び跳ねて、すごい勢いではしゃいでいたね。あぁ~思い出すだけで泣けてくる・・・
大雪が降った後は一緒にソリもした。びしゃびしゃ、どろどろになりながら何度も何度も。
寒い冬はnaoの膝の上がponntaの特等席。布団にも潜り込んできて朝まで一緒に寝坊した。犬なのに、naoより遅く起きてきたりして、おもしろいヤツだったな。
優しいところも沢山あったね。ガキんちょが尻尾や髭をグイグイ引っ張っても、執拗に追い掛け回しても、吠えたり噛み付いたりすることは絶対無かった。店が閉まり、皆が2階に上がるときは、最後の人が上がり終わるまで、一緒に待っていてくれた。
悲しい時、寂しい時、辛い時、いつだってponnはnaoの隣にいてくれた。
友達であり、弟であり、兄であり、時にはお母さんのように優しくnaoを包んでくれたponnta。
キミがいたから乗り越えられたこと、沢山あるよ。ありがとう。

ponntaが息を引き取った日、棺代わりの箱に横たわるponnと一緒に寝た。眠っているように、綺麗な横顔だった。体を撫でながら、いつまでもこのponnの感触を忘れないでいようと思った。
骨になり、姿形がなくなってしまうこと、もう2度と会えないということを実感させられる。愛する人に触れることが出来なくなる怖さ、辛さ、悲しさ、絶望感、何度もそれを味わってきた。最後の最後まで、ponntaに触れていたかった。ponnが怖くないように、安心して旅立てるように・・・

ponn、キミにとって私たちは最高の家族でいられたかな?誰よりも幸せな犬生を送れたかな?
小さい体でよく頑張ったね。必ず、大好きなお母さんにあえるよ。安心して天国へ向かってください。
11年間、本当にありがとう。
f0079249_23304563.jpg

[PR]
# by happeacemile | 2006-09-28 02:24 | 愛犬ponntaの一生

appeal!!

f0079249_23543337.jpg

9月、夏の暑さが戻った日。
多摩川で遊んできたよ。
rikuと一緒にね。

f0079249_23545182.jpg

















f0079249_23565462.jpg

2006年最後のじゃぶじゃぶは大好きなmaikiと。
今年も真っ黒こんがり焼けました。


f0079249_23584861.jpg
















f0079249_062859.jpg
祭りデビュー!
aoiとおそろのハッピを着て、わっしょい。
久々に日本を感じました。
f0079249_09186.jpg




















2歳になったcamiはますますやんちゃだ。ビックリするような高さからジャンプしてみたり、よじ登ったりする。
お話も得意で、最近は3単語をつなげて話すようになった。
f0079249_0102846.jpg「とうちゃん、ぶんぶんで行っちゃったね。」(*ぶんぶん=バイク)
「cami、ばしゃ~ん食べる。」(ばしゃ~ん=魚)
泣いているお友達を見ると、「だいじょ~ぶかなぁ?」なんて言ったりもする。
「cami、かぁかぁだ~いすき!!」(*かぁかぁ=かぁちゃん)
これには泣けたね。やっぱりcamiは世界一かわいいと確信したね。
抵抗するcamiをぎゅ~って抱きしめて、これでもかってくらいチュウをした。
嬉しかった、幸せを感じた。言葉では伝わらない気持ちも沢山あるけれど、言葉があるから感じられる喜びもある。
 cami語録*なんだかなぁ = 何かな
        *ぶぼう    = ぶどう
        *ぶぼん    = ズボン
        *まめっ    = ダメ
        *おしゃまい  = おしまい

camiの一言一言がnaoをあったかい気持ちにさせてくれる。
次はどんな言葉でかぁちゃんをメロメロにしてくれるの?
[PR]
# by happeacemile | 2006-09-23 01:49 | cami's life

toast!!

f0079249_1731419.jpg
今か今かと待ち焦がれた夏。
スッキリしない天気が続くなかあっという間に過ぎていった。
今日もとっても暑かった。でも夜はもうすでに少し肌寒い。ゆっくりと秋が近ずいているのかな?
d.dに休みがないと言いつつ、8月母子は遊び呆けた。
忙しく、慌ただしく、足早で過ぎていった夏を振り返ってみよう。




f0079249_1742306.jpg
そこら中で2歳の誕生日を祝ってもらったcami。次なるイベントはお盆。大好きな曾じいちゃん、じいじ、ポンタ、そしてaoiの待つnao実家へ。
うちのお墓には3人の家族が入っている。その3人が牛に荷物をくくり付け、馬に乗って帰ってくる。camiも一緒に迎え火をする。
おかえりなさい。
f0079249_17514438.jpg












f0079249_17552947.jpg
aoiとゲーセンへ。cami微妙な反応。お金かかるし、不健康だし、子供はやっぱり外で遊ぶべし!f0079249_17582060.jpg

あぁ、でもコインゲーム懐かしかったなぁ。
高校生の頃、入り浸ってたよなぁ。





aoiにふられた夜、ポンタとおままごと。
camiはポンタが大好き。ポンタもcamiの後をついてまわってる。
おままごともじ~っと伏せしながら付き合ってくれたよね。
ポンタ、現在12歳。もうおじいちゃん。
f0079249_1815128.jpg


f0079249_218043.jpg


玉高屋上のギャラリーに展示してあったダンボールアート。
ジャングルジムのようになっていて子供が遊んでいいらしい。
大の仲良し、rikuと。









f0079249_2111338.jpg多摩川の花火大会、amonパパが場所取りをしてくれた。ものすごいいい場所!!花火が驚くほど近い!
感動しました。
amoパパ、素敵な夏の思い出をありがとう。
写真は花火前にフィレッツェ(?)で。
amon,rihitoと。f0079249_211721100.jpg




















れーか&rihitoからの誕生日プレゼント!今一番のお気に入り。ありがとう。f0079249_2119222.jpg

























f0079249_2124990.jpg20日振りにやってきたd.dのおやすみ。連休が取れたので迷わず海へGO!!
春の海、秋の海、冬の海、全部見たことあるけれど、夏の海は初めてのcami。
海人のd.d&naoとしては、もちろんcamiにも大好きになってほしい。
f0079249_21344677.jpg







波にびびるかな?泣くかな?
いやいや、camiは全然平気でした。大喜びで波に向かってダイブ!!
思いがけない波の強さとしょっぱさ(?)に少しひるんだけど、ずっとご機嫌だったね。

f0079249_21402081.jpg


f0079249_2149545.jpgこの旅ではd.dとnao、そしてもちろんcamiにとっても大切な人と会えることになっていた。
tacのパパ。tacは我が家全員のこれまた大切な友達・・を超えた家族。
tac&lisaと共に今日はパパん家にお泊り。
とってもお世話になった方、ご無沙汰してすみません。
夜更けまで、おいしいご飯をごちそうになり、おいしいお酒をいただきました。
次の日はnarusi&ayakaも合流して再び海へ。
パパが潜ってとってきてくれた、アワビと貝。
今夜のごちそうだね。
f0079249_252117.jpg









f0079249_274566.jpg












f0079249_293631.jpg

f0079249_295944.jpg










f0079249_2181550.jpg


夜はみんなでバーベキュー。
cami、生まれて初めての料理。やきそば。
とぉちゃんと一緒に作ったよ。
家ではなかなかやらせてあげられない。
火傷が怖いとか、家がよごれるとか、親の理由で。
ここではじいじが何でもやらせてくれる。
楽しい思い出をありがとう。
素晴らしき夏休みになりました。









f0079249_2262633.jpg大好きなtenntenn。
馬に行くと、まずtenntenn探しから始めるcami。
公園をくまなく探していないことがわかると、テンションは急下降。
10分近くイジイジしながら誰とも絡まず・・・
そんな友達に出会えてよかったね、cami。f0079249_2311675.jpg
















f0079249_2332143.jpg
8月の終わり。
太陽が少し赤くなってきたように思う。

cami、2歳の夏はどうだった?
初めての海、感動したかな?
camiが一緒だから楽しめたこと、感じられたこと、かぁちゃんには沢山あったよ。
来年はサーフィンをしてみようか?
シュノーケリングもできるかな?
来年の夏が待ちきれない!!

公園をのんびり散歩するカマキリ。
また来年、元気に会おうね。
さらばカマキリ、さらば夏・・・
あともう1回、海いきたかったなぁ・・・
[PR]
# by happeacemile | 2006-09-04 18:28 | cami's life

I am peace years old !!

f0079249_2101023.jpg2006年8月5日、cami2歳の誕生日。
今年の夏はd.dに全く、全然休みがなくて、当然camiの誕生日の日も仕事。8月5日当日は朝ご飯のオムレツにロウソクを立ててお祝い。いつもより少しだけ豪勢な朝食になりました。
f0079249_23141566.jpg











その代わり、7月最後のお休みにパーティーをすることに。
夏真っ盛り、午前中はじゃぶじゃぶへ。たっぷり遊んだ後はいつもより贅沢にBelinaのアイス。その後、あれこれ考えた結果、チャリをこいで川向こうのトイザラスへ。オモチャは滅多に買わない。子供は外で遊ぶのが一番!!でf0079249_23335367.jpgもね、誕生日くらいcamiの喜ぶ顔見てもいいよね。
帰りがけに玉高でケーキを買って、帰宅。チャリものすごく疲れたけど、♪happy birthday♪の歌を歌ってる時のcamiの嬉しそうな顔見たら、疲れなんて吹っ飛んじゃった。ケーキは切らずにそのまま食べた。
争奪戦になったことは言うまでもない。

f0079249_23483528.jpg






計画では去年同様ディズニーランドへ行く予定だった。
誕生日だし、何か特別なことしなくちゃ!!って思ってしまう。今年はお家で質素な誕生日だったけど、camiはとっても幸せそうだった。時間がゆったり流れてる気がした。「物より思い出」 このことだと思った。


f0079249_23552060.jpg




8月2日はmaiが水道橋にある「おもちゃ大国(?)」とやらに連れて行ってくれた。プラレールやLEGO、おままごとセットも充実している子供にとっては天国のような場所。夏休みの影響か、ものすごく混んでいてnao少々バテ気味。でもcamiは大好きなmaiちゃんと遊べることが嬉しいらしい。
amonとrikuにもばったり会って、camiのテンションは最高潮!!
ランチをしに入ったお店ではお誕生日特典として特大アイスを歌と共にプレゼントされた。実はmaiとcamiの誕生日は同じ8月5日。3日早いけど、naoからのサプライズ。お店のスタッフと優しいお客さんたちに祝ってもらってcamiはますます笑顔に!!
大好物のアイスもぺロリとたいらげました。f0079249_064561.jpg








    mai!cami!HAPPY BIRTHDAY!!
      素敵な1年になりますように!!




f0079249_131378.jpg
8月4日、cami誕生日前日。この日はmaikiが誕生日を祝ってくれる。
とにかくcamiはmaikiが大好き。正確に言うと、maikiの家族が皆好き。優しくて、超キュートな欠点なしのママma~ちゃん、我が子のようにcamiと遊んでくれる超イケメンパパyu~kiくん、camiが弟のように可愛がり、ミルクまで飲ませちゃうプリティーtaiki。そしてもちろん親友maiki。
maikiと過ごす時間が、camiにとっては一番の誕生日プレゼントなのかもしれないね。

f0079249_1351788.jpg











f0079249_140282.jpg






8月5日、当日、オムレツでお祝いをした後、aoiの待つ厚木へ。camiは友達と遊ぶのが大好き。でも5日は土曜日、友達は皆パパと過ごす日。年に1度の誕生日、かぁちゃんと2人きりじゃちょっと切ないのでaoiに遊んでもらう。ラッキーなことにこの日は厚木の花火大会!!昼間っから出店が出て街は大賑わい!





f0079249_282483.jpg
←幼夫婦

花火を見ながらハッピーバースデー!!皆に歌を歌ってもらい、aoiと一緒にロウソクを吹き消し、最高の誕生日になった。
楽しい思い出をありがとう。
f0079249_14505786.jpg


















f0079249_14514851.jpgプレゼントも沢山戴いた。
新潟のじぃじ&ばぁばからはLEGO。1歳の時にも貰って今ではかなり高度な物も作れるようになった。今度は何を作ろうか?
東京のじぃじからはブタさんがまたがって走るハーレー!!こいつはかなりすぐれもの。ボタンが3つ付いていて、MUSICに合わせてブタが踊ったり、バイクのエンジン音がしたり、ブンブンふかしてバイクが走ったりする。d.dいわく、本物のハーレーのエンジンと同じ音がするらしい。10数年後、♪ぬ~すんだバ~イクでは~しりだす~♪なんてことにならなきゃいいが・・・とてもじゃないけどハーレーなんて買ってやれんぞ!息子よ・・・
数いるばぁば達からはとってもワイルド&キュートなお洋服をいっぱい。
tac&lisaからは今もっとも熱いwaldiesのサンダル!!
ma~&maikiはcoolでpopなスパイダーマンのトランシーバー!こいつもまたまたすぐれもの。3回の部屋からマンションの玄関外まで声が届いちゃう。2人が上手に遊べる日が来るまで大切に、なるべく壊さず使わせてもらいます。

f0079249_15173643.jpg
このハッピはkeiちゃん&aoiから。
aoiとお揃いの黒いハッピ。青でもなく、赤でもなく、黒ってところがセンスいいよね。
9月のお祭り、楽しみにしています。


f0079249_1520645.jpg
そしてこちらはd.d&naoから。
やっぱり大好き、ぶ~ぶを走らせて遊ぶTOMICA PARKING。バッグになっていてミニカーを沢山しまえるし、持ち運ぶこともできる。ちゃんと片ずければお家でも邪魔にならない。その他親の好みでミニカーも数台。

その他にも、おめでとうメールや電話、FAXを沢山の人から戴いた。
1年に1度でも、camiのことを思い出し、きずかってくれることがとってもありがたく嬉しい。 皆さんホントにどうもありがとう。
camiは元気に育っています。
VERRY VERRY HAPPY BIRTHDAY CAMI !!
楽しい思い出を沢山作れる1年にしようね!!



f0079249_1549299.jpg
f0079249_15492695.jpg



















f0079249_15502552.jpg




2006・ cami ・ peace years old
[PR]
# by happeacemile | 2006-08-18 02:23 | cami's life

最終話 EL CAMINO 記憶の旅  -listen to little voice- 

f0079249_04754.jpg2006年6月7日、3度目の結婚記念日。
1年目は2人で那須へ、2年目は3人で箱根の老舗旅館へ、3年目の今年はどこへ行こう?!
もうじき2歳になるcamiは活発でやんちゃ盛り、のんびり温泉に浸かるだけでは納得しないであろう・・・ということで行って来ました!
箱根小涌園!!水着で入れる温泉天国、ユネッサン!!
d.dと2人なら間違いなく選ばない旅先だ。
camiは水が大好き。前世はイルカか、小魚か、はたまたワカメかなんかだったに違いない。
camiの喜ぶ顔を見るのが何よりも幸せという親バカ2人は、たいした期待もせずホテルへと向かった。が、着いてビックリ!部屋が広い!綺麗!過去2回の旅行で行ったどのホテル、旅館よりもかなり快適!!
和洋室で畳が6畳、ベッドが2つ、窓からの景色も期待以上。驚きだ。
食事はそこそこだが、朝夕バイキング。f0079249_1183065.jpg

  ユネッサン、湯~とぴあは、心地いい客の数でのんびり。
  もちろんcamiは水を得た魚のように大はしゃぎ!
f0079249_1245362.jpg







f0079249_1365031.jpg




夕食の後はしゃぎすぎてゲロ、手にのったそれを”ジュースジュース”とニヤニヤ笑いながら眺めてるというハプニングもあり、とっても愉快な旅になった。

 
   来年もまたここでもいいな・・・とd.d。
   うん、naoもそう思う。

f0079249_1425743.jpg











6月もう一つのBIGイベント ”群馬サファリパーク!”
f0079249_1357352.jpg新潟のcamiの従兄弟、大好きなtomo、keijunと。
念願の”ば~ばちゅっ”ことライオンバスに乗り、ライオンに餌やり。
camiは”ガッオォ~”すなわちライオンやトラが大好きだ。
でも反応は薄い。間近で見ると大人の目にもかなりの迫力だが、ビビってる様子もなく喜んで興奮している風でもなく、ただただもくもくと生肉をあげていた。
”うおぉ~!!”と雄たけびをあげて飛び跳ねて喜ぶ姿を期待していたのだが・・・

途中のウォーキングゾーンではヤギとかラクダとか鹿みたいな大人しい動物に直接餌をあげることもできた。
動物を怖がらないということはいいことだ。
camiは一歩もひるまない。

f0079249_14113288.jpg






最後にオラウータンの子供を抱っこして記念写真。
camiも恐る恐る握手。「かわいいね。」なんて言いながら頭を撫でていたらウータンが豪快なくしゃみ!!よだれが顔中に飛び散ってcami呆然・・・

f0079249_14205729.jpg

家に帰り、ウータンと撮った写真を壁に飾った。
1日に何度もその写真を眺めて「キッキー、はっくしゅん、ねっ!」と思い出しているようだ。
「ば~ばちゅ、のった」、「ガッオォ~、あむあむ」、「パオ~ン、おっきいねっ」
camiが楽しんでくれたことが何より嬉しい。
また遊びにこようね。




f0079249_14513397.jpg


2006年7月4日、naoのかぁちゃん9回目の命日。
あれからもう9年かぁ・・・いや、まだ9年かも。
人から「悩みないでしょ!?」とよく言われる程、自他共に認める脳天気なnao。でもね、かぁちゃんの死からはなかなか立ち直れないでいたんだ。風邪ひいて寝込んだり、気弱になった時は決まってお母さんのことを思い出してシクシク・・わんわん泣いた。「お母さんに会いたいよぉ~」って大泣き、朝起きたら枕びっしょり・・・なんてドラマのような夢もよく見る。だけど、camiが生まれてからは少し元気になったみたいだ。生まれたての時は「抱っこさせてあげたかったな・・・」なんて思ってメソメソしたけどね。
”母は強し”なのか、毎日ハチャメチャで感傷に浸るヒマがないのか、とにかくcamiパワーはどこまでも強力だ。
f0079249_2342552.jpg
お墓参りの後、ポンタと玄関に座り空を見ながらかぁちゃんを思い出した。久しぶりにちょっと泣きそうになった。
f0079249_23514943.jpg














f0079249_23484583.jpg
そしてその隣ではcamiとaoiが泥んこまみれ・・・お母さん、あなたの孫は目を離すと何をしでかすか分からないやんちゃで元気な悪ガキです。
2人の声、聞こえてますか?

f0079249_23545393.jpg













f0079249_19262438.jpg

2006年7月15日。とってもキュートで愛らしい女の子が誕生しました。
”Linn”
あなたの歩む道が、夢と希望で満ち溢れた未来でありますように・・・





f0079249_014226.jpg
2006年7月、連日の雨降り。
家に閉じこもっていても退屈なのでカッパと長靴のフル装備で外に出る。水好きのcamiはもちろん雨も大好き。水溜りは最高の遊び道具だ。駒沢公園にできる巨大水溜はダイブ確実。「今時水溜りで遊ばせるなんて、お母さん偉いわね。こうゆう遊びが子供には一番いいのよ。」と通りすがりのおばぁちゃま。そういえば雨の日は年配の方が皆camiを微笑ましく見て通る。
「naoって意外にデキル母?!」
f0079249_0162918.jpg










     ・・・・浮かれ気分もつかの間。
     連日の泥んこ遊びでcami結膜炎に・・・
     そして面会謝絶。
     泥んこ遊びは程々に。
     自然を甘く見てはいけません。


f0079249_211534.jpg
雨の日はまだまだ続き、馬公園はおあずけ。
塔の前の石畳でシャボン玉。
どこでだって、何でだって楽しめちゃうのが特技です。

f0079249_235434.jpg
















f0079249_23452096.jpg晴れ男d.dの久々のお休み、チャリをこいで馬事公苑へ。
d.d命のcamiは大はしゃぎ。
チャリもとぉちゃんと乗るといい、手もとぉちゃんとつなぐという。nao何という粗末な扱い・・でもまぁ、チャリに関しては楽ちんだけどね。
f0079249_2354585.jpg







f0079249_23515468.jpg





馬事公苑では馬に注意です。






f0079249_19322512.jpg
           雨ばかりなので
              rihiとお家でダンス 


f0079249_19361339.jpg
















 ある晴れたプール後、
              リクと玉高の屋上庭園




f0079249_19501084.jpg
   
f0079249_19533975.jpg











大好きな舞ちゃんとおデート

夜の渋谷に繰り出した




f0079249_1957566.jpg
マグロ2カン、シメサバ4カン、アジ2カン、イクラ2巻
2歳児の好きそうなもの、
せいぜいイクラくらいでしょう?普通・・・
厚木のじぃじ&ばぁばにご馳走してもらった生まれて初めての回らない寿司。
親としては覚えて欲しくない味だけど・・・
とってもおいしかったです、ご馳走様でした
f0079249_2034098.jpg
 













f0079249_205125.jpg

2006・夏、今年初のじゃぶじゃぶ池はrihiと


f0079249_20224594.jpg
 








        次の日も30℃超え、
        じゃぶじゃぶへはmaiki&taikiと ⇒


f0079249_20295523.jpg

← すると、 
 今日もおっしゃれでキュートなテンくんにばったり



f0079249_20351956.jpg










       
       その次の日はamonとじゃぶじゃぶへ   ⇒





f0079249_18544046.jpgcami、現在2歳と8日。
生まれてから今までをブログで振り返ってみると、かわいかったこと、嬉しかったこと、楽しかったことばかりが思い出される。
子育ては決して楽なものではない。大変な事も沢山あった。悪さをしたcamiを叩いたこともあった。単に、自分がイライラしてcamiに当たったこともあった。もちろん今でもそれは変わらない。「まだたったの1歳じゃない・・・」と自己嫌悪に陥ることもしばしば。
その時その瞬間はただ一生懸命で、いっぱいいっぱいでなかなか周りを見る余裕がなかったりするんだよね。
「生まれた瞬間から日記をつけとけばよかった!!チッ!!」と悔やんでいたけど、この2年間を客観的に見れた事は、結構よかったと思う。
書き忘れた事、思い出せなかったこと、沢山あるけど、思い出したときにまたちょこちょこ書き足していこうと思う。
多くの良き友に出会い、古い親友に助けられ、何とか人並みに母を務め、大きな怪我も病気もなくcamiは2歳になった。
”EL CAMINO 記憶の旅” はこれで最終回。
遊びにきてくれた方ありがとう。
次回からは日々の日記をなるべくマメに残していきたいと思っています。そちらもよろしくねぇ。
[PR]
# by happeacemile | 2006-07-19 02:07 | EL CAMINO 記憶の旅

第11話 EL CAMINO 記憶の旅  - gene of hippie -

d.dとnaoの出会いは13年前。西麻布の”DRUG STORE"、今はなきCLUB?飲み屋?でnaoの逆ナンから始まった。  d.d 24歳、 nao 18歳。
f0079249_2165020.jpg

暗闇の中でd.dを発見し、完全にハートを打ち抜かれた!!ヤバイ!かっこよすぎ!!
こんなことを書くと、いったいどれ程のハンサムボーイなんだ?と思われるだろうが、人には好み、タイプというものがある。
ナンパは成功した。いや、最初はちょっとうっとおしいがられてたかな?でもそこは18歳のピチピチギャル、ガンガンいきますよ。
何とかポケベル(古っ!!)の番号を渡すところまで突き進んだ。
そしてどうやらこのイケメンはバイクに乗っているらしい。表に出てみると、なんとまたがってるのはあのHARLEY DAVIDSONじゃないの!!!何なの!!かっこよすぎ!!大人すぎ!!女子高生のnaoには衝撃だったね。コイツしかいない!!と思ったね。そしてその日から毎週末、西麻布に通い詰めた。猛アタック開始!!
根負けしたか、d.dの方から「付き合おう。」と言わせた。女子高生をなめるなよ!!ぬっはっはっ・・・

f0079249_1423752.jpg

年上の超イケメン(nao的にはですよ・・)ハーレー野郎を見事仕留めたnaoちゃんはもちろん薔薇色の人生を送りました。
友達の前でも鼻高々。
毎日が嬉しくて楽しくて最高の青春時代。
土曜の夜は海までバイクを飛ばし(海って、晴海とかだけど・・・)、日曜日ももちろんラブラブ。
そんな極上のひと時は3年続いたかな。
その後しばらく会うことがなかった2人。10年後に再び出会い電撃入籍!!
別れた理由は・・・正直ホントに覚えてない。嫌なことは瞬間的に忘れ去る能力を身に着けてるもんで。
でもね、10年間d.dがず~っと変わらずnaoの憧れの人だったってことは、綺麗な別れだったんだろうと想像している。





10年・・・恋愛に突っ走ることがなくなったnaoはとにかくいろんなことをしまくった。
d.dと別れて、かぁちゃんが天国へと出かけて行って、仕事を辞めた後の2年位は年の1/3をアメリカで過ごした。それに飽きると今度はアジアをプチバックパック。やりたいと思っていた仕事も出会いと運に恵まれて思いのまま。こんなにいい加減で野望薄の自分の人生が順調過ぎて笑えた。
仕事も遊びもめいいっぱい楽しんだ。大好きなお酒もこれでもか!って程いただいた。結婚して天使のようなcamiを授かった現在、今さらやりたいことなんて何もない。だから育児に専念できるのかもしれない。
もともとnaoは子供大っ嫌いの超冷徹女。結婚だってしたくない、絶対しない、やりたいことを我慢するような人生は考えられない!!結婚をし、仕事を辞め、出産して息子にはまり込んでる自分が奇跡のようだ。そして今までに感じたことのない猛烈な幸せを日々味わっている。
家族はいい。愛すべき存在があるということはこんなにも素晴らしい。d.dに再び出会えた必然に感謝します。


naoが遊びほうけてた頃、d.dもやはり相変わらずのヒッピー暮らしを送っていた。なかでもd.d,nao,camiの人生を決定ずけたのがシアトルからアラスカ、スタージスへ1万5000km、バイクの旅 「die yappie skunk! tour」 だった。
f0079249_1883182.jpg

f0079249_2254921.jpgこの旅での人との出会いや、雄大な自然とのふれあいがこれからのd.dの人生に大きな影響を与えたことはいうまでもない。
そしてこの旅で出会った人達のBIG SMILEに触れ合うたびにnaoを思い出していたと言う。(照れるなぁ・・)
生まれた時からnaoの唯一の取り得はいつも愉快に笑っていられること。
アラスカから帰ると電話をくれた。
そして再びnaoの夢物語が始まった。
ありがとうアラスカ!ありがとうハーレー!

f0079249_225951.jpg


f0079249_18212594.jpg





          ↑ BIG MIKE
         
              → GRAVELERS




f0079249_22121527.jpg


10年振りの再会からわずか1週間足らずで再び付き合いだした私たち。
そしてその1ヵ月後にd.dからのプロポーズ。当たり前のごとく即答。泣けた。
d.dとnaoは喧嘩はしない。お互いムッとすることはなくはないと思うが・・・
喧嘩はつまらない。何のために言い争うのか、人はそれぞれ違った心を持っている、それを受け入れられれば腹は立たない。
怖い顔して怒鳴りあって淀んだ空気の中に何時間も閉じ込められるなんて耐えられない。
相手の何かに対して腹が立つのは結局は自分が快適に過ごしたいから。まっ、いっか。それもありだね。脳天気に暮らしていると人生は数倍楽しく過ごせる。
喧嘩なんて時間の無駄。いつも楽しく、笑って過ごしたい。 LOVE&PEACE!!
こんな具合で我が家は3年、幸せな日々を送っている。
婚姻届の職業欄は ”ヒッピー”。 10年後も、20年後も、沢山の友達に囲まれて、家族に愛され、のんびりゆったり暮らしていきたい。
d.d!!cami!!この命が尽きようとも、ず~っとず~っと、愛してるよ!!
f0079249_0265078.jpg





f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

[PR]
# by happeacemile | 2006-06-07 03:01

第10話 EL CAMINO 記憶の旅 -LITTLE TRIPER!ー

f0079249_18231969.jpg



4月、お花見真っ盛り!!
今年もいつもの穴場で盛り上がりました。
桜よ、今年もおいしいお酒をありがとう!!












f0079249_1423326.jpg
年に1度の大イベント!
優しいおぉちゃん(じいじ)、明るいあぁちゃん(ばあば)そして5歳と3歳のやんちゃ真っ盛りお兄ちゃんが待つd.dの故郷新潟へ帰郷。
冬には雪、間近に海、最高のロケーション!!自然に飢えた都会っ子にはね。
camiは兄ちゃん2人に遊んでもらって大興奮。
普段はとぉちゃん命のcami、この時ばかりはd.dが空気と化していたな。naoに至ってはただのおしゃぶり状態。寝る時以外顔すら見てくれない・・・
でもやっぱり他の子にとぉちゃんを取られるのは許せないらしく、d.dにじゃれつくtomoに控えめに攻撃してた。
5歳、車大好き心のとっても優しいtomo。
3歳、とびきりのやんちゃイケメンボーイkeijun。
お風呂まで入れてもらって、naoは楽ちん。
f0079249_1433242.jpg
でもね、あったんですよ、落とし穴が・・・
camiが興奮し過ぎて寝なくなっちゃった。
その上夜鳴きまで!!
生まれてから今まで夜鳴きなんて2回あったか、なかったか・・・恐るべし、子供パワー。
そんなわけでnaoは少々バテ気味・・・





camiは海が好きみたいだ。上手に歩けるようになって初めて行った海、楽しそうに波に向かって走っていく。
ゴツゴツ岩も何のその、カニさんだって怖くない。
海に向かって小石を投げる遊びが気に入ったらしく、「おぉ~い!」って言いながらいつまでもなげてたね。
誰もいない海、家族3人、最高の幸せ。帰りたくない・・・って、泣きながら訴えてたな。
靴もズボンもビショビショ、また1つ楽しい思い出ができたね。
f0079249_1441582.jpg

                                   笑いあり涙あり
                             最高にゆかいな2泊3日柏崎の旅でした。
                           おぉちゃん、世界一おいしいトンカツをありがとう。


f0079249_1445770.jpg

道端に咲いている花。
毎年咲くはずのこの花を綺麗だなって思ったことあったかな?
camiがやってきてnaoの全ては一変した。
気持ちが、心が、豊かになった。
東京にもちょうちょが飛んでいることを知った。
cami、やっぱり君は天使なの?









f0079249_1454280.jpg
2006年4月23日、naoめでたく31回目の誕生日を迎える。
多摩川の土手にある”PEACE”というカフェ、いやイタリアンレストランでd.dとcamiが祝ってくれた。
窓の外には黄色い菜の花とゆっくり流れる川、おいしいお料理、愛するd.dとかわいいcami、この上なく幸せな時間。
歳を重ねることって、案外悪くない。

f0079249_146225.jpg


d.dはプレゼントも用意していてくれた。
THE BLUE HEARTS のライブDVD! しかも2本!!
naoはブルハが大好き。ファンクラブにも入っていた。会員番号・・・いくつだったけか?
何故か不可思議にも1st.アルバムを紛失したため久々に聞いたリンダリンダ。体が・・・震えた。これはもう大人しくなんか見てられない!!
朝から我が家は跳ねまくり、叫びまくり、ヘッドバンキングしまくり・・・2階の人、ごめんなさい。
camiもね、さすがd.d&naoの息子!!踊りまくり!!彼の場合時々盆踊りなんだけど。これもまた血か・・・

f0079249_1472145.jpg

素敵な誕生日をありがとう。
今年もPEACEでHAPPYな1年を過ごせますように。

f0079249_1475434.jpg





















f0079249_149474.jpg
5月、ビックリするような暑い日、行ってきました多摩動物公園。
登山かよ!!って、何度もつっこみたくなったね。
でもね、camiはご満悦。かわゆい従姉のaoiとお手手つないで、このいやらしい顔!!
親と動物は暑さでグダグダだったけど、camiが幸せならnaoはHAPPY!!

aoiはnaoのアニキの娘。
こんなに可愛い子見たことない!っていうくらいかわいい。身内のひいき目を差し引いてもやっぱり抜群にかわいい。
camiもaoiが大好き。いつまでも姉弟のように仲良しでいられるといいね。
f0079249_1494963.jpg
















f0079249_1502959.jpg
”府中市子ども家庭支援センター たっち” maoに連れて行ってもらったよ。
とってもいいという噂は聞いていた。
遊具は少ないが、広くて綺麗、駅が目の前、同じビルのなかにはトイザラスや子供服屋、カフェなども入っていて親も飽きない。
府中はnaoの地元の隣街。活用しない手はない。

f0079249_15149.jpg



maoはnaoの幼馴染、さっちゃんの娘。camiと同い歳。
3月3日、雛祭り生まれのぷっちゅぷちゅベリベリキュートなmao。
最近は少し締まってきて女らしくなっちゃって、ちょっとつまらない。
やっぱりmaoはむちゅむちゅ、むちむちでなくっちゃ!!






f0079249_1522210.jpg
f0079249_1525896.jpgf0079249_153216.jpg








aoiアネムとcamiスプー。
2006年最大、最強の大イベント、”おかあさんといっしょ グーチョコランタンがやってきた!!”
厚木ばあば、(正確にはaoiのばあば)がチケットを取ってくれた。
お兄さんはゆうぞうお兄さんではなく、おさむお兄さん・・・(おじさん?)お姉さんに至っては顔すら見たことない。
でもね、とっても楽しかった。
一瞬、その場にいる自分に少し照れたりしたが、「naoもちゃんとお母さんやってんだなぁ」って嬉しくなったりした。
1泊2日の小旅行。 ばあば、楽しい思い出をありがとう。



厚木から買える日、「お家でとぉちゃんが待ってるよ」camiにそう言った。
その日は確かにd.dは休みで、バイクのタイヤ交換に行っていた。朝から行くと言っていたので話し込んで遅くなっても7時には帰ってくるだろうと思っていた。
が、他にもなおさなければいけない箇所が見つかったらしく帰りは夜の11時過ぎに・・・
「ねんねする?」と聞くと「はいっ!!」と元気良く布団にダイブする程ねんねが好きなcami、何故ならおっぱいをくわえられるから。
でもこの日は違った。ねんねしたくない、お絵かきする、と言い出した。
親バカだと思われるかもしれないが、camiはお絵かきがかなり上手だ。アンパンマンらしきものも描けたりする。
そんなcamiが全然やる気を起こさない。自分から描くって言ったのに。元気がない。
2,3日前から熱が高く(ヘルパンギーナにかかっていた)ダルイのかな?
d.dから帰るよコールがあってその訳がはっきりした。とぉちゃんを待っていたのだ。
f0079249_1543440.jpg
急に元気が出始めてノリノリだ。ほどなくしてd.dのバイクの音が聞こえると今度は下まで迎えに行くと言い出した「とぉちゃん♪とぉちゃん♪」ととぉちゃん音頭を歌いながら超ご機嫌。
下に行ってみると、なんとd.dはいなかった。誰か他の人のハーレーだったらしい。
「お部屋に戻ろうか?」嫌だという。
しばらくアパートの玄関で待っていたが、眠くなり、疲れ果て、シクシク言いながらnaoに珍しく抱っこをせがんだ。
バイク屋さんに大変な思いをさせたので片付けを手伝ってきたのだそうだ。
結局camiは夜鳴きをし、目を覚まし、待ち焦がれたとぉちゃんと再会した。
d.dはホントにいい父親だ。時間の許す限り一生懸命遊ぶ。そして何よりcamiを死ぬほど愛している。
そんなd.dの愛情や一生懸命さが、camiには伝わっているのだろう。
母親としてちょっと嫉妬しちゃうくらい、camiはとぉちゃんが好きだ。好きで好きでたまらないといった感じだ。
ねぇd.d、うちらの子供がcamiでよかったね。cami、とぉちゃんとかぁちゃんの子に生まれてくれてありがとう。
[PR]
# by happeacemile | 2006-06-03 20:14 | EL CAMINO 記憶の旅

第9話 EL CAMINO記憶の旅  -MARKING!!-

f0079249_1532374.jpg
1歳になったcamiの行動範囲はますます広がった。
みんなの縄張り馬公園やさぼりぎみのプールはもちろん、
maikiの影響でぴっぴもよく行った。
d.dのお休みの日には車で遠出もよくしたな。
あんよができるようになるとお出かけが楽しくなるよね。


夏は駒沢公園のジャブジャブ池。
清潔(多分)だし、近所だし、なによりタダだし、子供たちの憩いの場。足しか浸かれないママさんにはちょっときつい。
土日は混み混みだけど、平日の朝一(9:00)は貸切状態。
去年はね・・・ 今年は友達を沢山誘っていこう!!
f0079249_1542176.jpg




秋にはcami、動物園に初上陸!! ズーラシアへ!
naoの場合、動物園といえば多摩動!!
山あり谷あり、できれば避けたい場所・・・
でも、ズーラシアは違った。超らくちん。余裕。
camiの反応はというと、かなり微妙・・・
動物よりも歩くこと、弁当食べることのほうが嬉しいらしい。f0079249_23244942.jpg
”ガオォ!”いわゆるライオン、トラが大好きなはずだったけど・・・
トラを見ても「あっ。」って言ったくらいだったな。
アスレチックのような子供の遊具が途中途中にあって、なかなか楽しい。
この日のcamiはそれすらも興味をしめさなかったけどね。
この動物園の名物はなんといっても”オカピ”くん。
不思議な怪しい生き物。
記念に”オカピ靴下”買って帰ったよ。
たびっクスになっててとってもかわいい。
ズーラシアへ行かれる方、必買です!!

f0079249_23435825.jpg
こちらの写真は”HALLOWEEN PARTY!!”
f0079249_23515489.jpg









バカ騒ぎしたい大人の飲み会です。
      ”TRICK OR TREAT??!!”


f0079249_085015.jpg12月には2回目のディズニーランドへ!
d.dの36回目のバースデイを記念して!!
・・・がしかし・・・
朝から不調だったd.d。具合がどんどん悪くなり1人車で休むことに・・・
痛いとか痒いとか、普段は全く言わないd.d、ホントに辛かったんだね。
naoとcami、2人ぼっちになってしまい不安・・・
しかも寒いわ、雪降るわで楽しい気分も微妙・・・
camiもとぉちゃんがいなくなって不機嫌・・・
やっぱり3人一緒じゃなくちゃね。
踏んだり蹴ったりだったけど、ミッキーとミニーが踊りまくるショーを見て大興奮で機嫌をなおしたcami。パレードで上機嫌になり、帰宅の途につきました。

f0079249_2149100.jpg1歳のX’mas、プレゼントは盛り沢山!!
新潟のじいちゃんばあちゃんからはLEGO
東京のじいじからは従姉のaoiと色違い、お揃いの三輪車!!
その他もろもろ周りの大人たちからも。
この三輪車、ミッキーの顔が付いていて音楽がなりミッキーがしゃべる。
正直言ってd.dとnaoの趣味では、絶対に買わない。
でも、camiは大喜び!
大音量でミッキーマウスマーチを鳴らしながら駒沢を歩くのは少し照れくさい・・・
でもまぁ、しょうがないね、X’masだし・・・

f0079249_13585183.jpg
12月25日、X’masまさにその日はcamiの幼馴染で親友のmaikiと過ごした。
maaちゃんの手作り料理とnaoのチーズケーキ、そしてX’masのお約束チキン!!
残念ながらケンタッキーではなくモスでしたが・・・

f0079249_145352.jpg




何はともあれ、素敵なX’masを過ごせました。
VERRY VERRY MERRY CHRISTMAS!!!


そしてやってきました毎年恒例ギリギリまでやる気の起きない年賀状作り!!
「年賀状に子供の写真使うのってありえないよね!!迷惑!!」これ、独身時代のnaoの名言。f0079249_1423381.jpg
そして出来上がったのが、
どこまでもバカ親全開のこの2枚。 やれやれ。f0079249_14253899.jpg









ちなみに2006年は戌年。愛犬ポンタと。
        A HAPPY NEW YEAR!!!
    今年もcamiや友達が元気にたくましく成長できる1年でありますように・・・

f0079249_1642115.jpg
     1月、寒い中何故か食べたくなるアイス。
           今日は奮発して31サンデー!

f0079249_1673865.jpg
   






  d.d休みの日の定番、駒公リス公園へ。
      落ち葉のシャワー!!


f0079249_16142266.jpg


f0079249_1631718.jpg将来バイク野郎決定でしょう・・・

f0079249_16313128.jpgf0079249_16315265.jpg















f0079249_16435011.jpg


暖かくなってきた3月。
駒公名物の梅の花も見ごろに。
お弁当持って、maikiとピクニック!!
いつも一緒の2人です。







f0079249_1651857.jpgf0079249_16523668.jpg












f0079249_365237.jpg

[PR]
# by happeacemile | 2006-05-28 02:39 | EL CAMINO 記憶の旅