<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第11話 EL CAMINO 記憶の旅  - gene of hippie -

d.dとnaoの出会いは13年前。西麻布の”DRUG STORE"、今はなきCLUB?飲み屋?でnaoの逆ナンから始まった。  d.d 24歳、 nao 18歳。
f0079249_2165020.jpg

暗闇の中でd.dを発見し、完全にハートを打ち抜かれた!!ヤバイ!かっこよすぎ!!
こんなことを書くと、いったいどれ程のハンサムボーイなんだ?と思われるだろうが、人には好み、タイプというものがある。
ナンパは成功した。いや、最初はちょっとうっとおしいがられてたかな?でもそこは18歳のピチピチギャル、ガンガンいきますよ。
何とかポケベル(古っ!!)の番号を渡すところまで突き進んだ。
そしてどうやらこのイケメンはバイクに乗っているらしい。表に出てみると、なんとまたがってるのはあのHARLEY DAVIDSONじゃないの!!!何なの!!かっこよすぎ!!大人すぎ!!女子高生のnaoには衝撃だったね。コイツしかいない!!と思ったね。そしてその日から毎週末、西麻布に通い詰めた。猛アタック開始!!
根負けしたか、d.dの方から「付き合おう。」と言わせた。女子高生をなめるなよ!!ぬっはっはっ・・・

f0079249_1423752.jpg

年上の超イケメン(nao的にはですよ・・)ハーレー野郎を見事仕留めたnaoちゃんはもちろん薔薇色の人生を送りました。
友達の前でも鼻高々。
毎日が嬉しくて楽しくて最高の青春時代。
土曜の夜は海までバイクを飛ばし(海って、晴海とかだけど・・・)、日曜日ももちろんラブラブ。
そんな極上のひと時は3年続いたかな。
その後しばらく会うことがなかった2人。10年後に再び出会い電撃入籍!!
別れた理由は・・・正直ホントに覚えてない。嫌なことは瞬間的に忘れ去る能力を身に着けてるもんで。
でもね、10年間d.dがず~っと変わらずnaoの憧れの人だったってことは、綺麗な別れだったんだろうと想像している。





10年・・・恋愛に突っ走ることがなくなったnaoはとにかくいろんなことをしまくった。
d.dと別れて、かぁちゃんが天国へと出かけて行って、仕事を辞めた後の2年位は年の1/3をアメリカで過ごした。それに飽きると今度はアジアをプチバックパック。やりたいと思っていた仕事も出会いと運に恵まれて思いのまま。こんなにいい加減で野望薄の自分の人生が順調過ぎて笑えた。
仕事も遊びもめいいっぱい楽しんだ。大好きなお酒もこれでもか!って程いただいた。結婚して天使のようなcamiを授かった現在、今さらやりたいことなんて何もない。だから育児に専念できるのかもしれない。
もともとnaoは子供大っ嫌いの超冷徹女。結婚だってしたくない、絶対しない、やりたいことを我慢するような人生は考えられない!!結婚をし、仕事を辞め、出産して息子にはまり込んでる自分が奇跡のようだ。そして今までに感じたことのない猛烈な幸せを日々味わっている。
家族はいい。愛すべき存在があるということはこんなにも素晴らしい。d.dに再び出会えた必然に感謝します。


naoが遊びほうけてた頃、d.dもやはり相変わらずのヒッピー暮らしを送っていた。なかでもd.d,nao,camiの人生を決定ずけたのがシアトルからアラスカ、スタージスへ1万5000km、バイクの旅 「die yappie skunk! tour」 だった。
f0079249_1883182.jpg

f0079249_2254921.jpgこの旅での人との出会いや、雄大な自然とのふれあいがこれからのd.dの人生に大きな影響を与えたことはいうまでもない。
そしてこの旅で出会った人達のBIG SMILEに触れ合うたびにnaoを思い出していたと言う。(照れるなぁ・・)
生まれた時からnaoの唯一の取り得はいつも愉快に笑っていられること。
アラスカから帰ると電話をくれた。
そして再びnaoの夢物語が始まった。
ありがとうアラスカ!ありがとうハーレー!

f0079249_225951.jpg


f0079249_18212594.jpg





          ↑ BIG MIKE
         
              → GRAVELERS




f0079249_22121527.jpg


10年振りの再会からわずか1週間足らずで再び付き合いだした私たち。
そしてその1ヵ月後にd.dからのプロポーズ。当たり前のごとく即答。泣けた。
d.dとnaoは喧嘩はしない。お互いムッとすることはなくはないと思うが・・・
喧嘩はつまらない。何のために言い争うのか、人はそれぞれ違った心を持っている、それを受け入れられれば腹は立たない。
怖い顔して怒鳴りあって淀んだ空気の中に何時間も閉じ込められるなんて耐えられない。
相手の何かに対して腹が立つのは結局は自分が快適に過ごしたいから。まっ、いっか。それもありだね。脳天気に暮らしていると人生は数倍楽しく過ごせる。
喧嘩なんて時間の無駄。いつも楽しく、笑って過ごしたい。 LOVE&PEACE!!
こんな具合で我が家は3年、幸せな日々を送っている。
婚姻届の職業欄は ”ヒッピー”。 10年後も、20年後も、沢山の友達に囲まれて、家族に愛され、のんびりゆったり暮らしていきたい。
d.d!!cami!!この命が尽きようとも、ず~っとず~っと、愛してるよ!!
f0079249_0265078.jpg





f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

f0079249_22121527.jpg

[PR]
by happeacemile | 2006-06-07 03:01

第10話 EL CAMINO 記憶の旅 -LITTLE TRIPER!ー

f0079249_18231969.jpg



4月、お花見真っ盛り!!
今年もいつもの穴場で盛り上がりました。
桜よ、今年もおいしいお酒をありがとう!!












f0079249_1423326.jpg
年に1度の大イベント!
優しいおぉちゃん(じいじ)、明るいあぁちゃん(ばあば)そして5歳と3歳のやんちゃ真っ盛りお兄ちゃんが待つd.dの故郷新潟へ帰郷。
冬には雪、間近に海、最高のロケーション!!自然に飢えた都会っ子にはね。
camiは兄ちゃん2人に遊んでもらって大興奮。
普段はとぉちゃん命のcami、この時ばかりはd.dが空気と化していたな。naoに至ってはただのおしゃぶり状態。寝る時以外顔すら見てくれない・・・
でもやっぱり他の子にとぉちゃんを取られるのは許せないらしく、d.dにじゃれつくtomoに控えめに攻撃してた。
5歳、車大好き心のとっても優しいtomo。
3歳、とびきりのやんちゃイケメンボーイkeijun。
お風呂まで入れてもらって、naoは楽ちん。
f0079249_1433242.jpg
でもね、あったんですよ、落とし穴が・・・
camiが興奮し過ぎて寝なくなっちゃった。
その上夜鳴きまで!!
生まれてから今まで夜鳴きなんて2回あったか、なかったか・・・恐るべし、子供パワー。
そんなわけでnaoは少々バテ気味・・・





camiは海が好きみたいだ。上手に歩けるようになって初めて行った海、楽しそうに波に向かって走っていく。
ゴツゴツ岩も何のその、カニさんだって怖くない。
海に向かって小石を投げる遊びが気に入ったらしく、「おぉ~い!」って言いながらいつまでもなげてたね。
誰もいない海、家族3人、最高の幸せ。帰りたくない・・・って、泣きながら訴えてたな。
靴もズボンもビショビショ、また1つ楽しい思い出ができたね。
f0079249_1441582.jpg

                                   笑いあり涙あり
                             最高にゆかいな2泊3日柏崎の旅でした。
                           おぉちゃん、世界一おいしいトンカツをありがとう。


f0079249_1445770.jpg

道端に咲いている花。
毎年咲くはずのこの花を綺麗だなって思ったことあったかな?
camiがやってきてnaoの全ては一変した。
気持ちが、心が、豊かになった。
東京にもちょうちょが飛んでいることを知った。
cami、やっぱり君は天使なの?









f0079249_1454280.jpg
2006年4月23日、naoめでたく31回目の誕生日を迎える。
多摩川の土手にある”PEACE”というカフェ、いやイタリアンレストランでd.dとcamiが祝ってくれた。
窓の外には黄色い菜の花とゆっくり流れる川、おいしいお料理、愛するd.dとかわいいcami、この上なく幸せな時間。
歳を重ねることって、案外悪くない。

f0079249_146225.jpg


d.dはプレゼントも用意していてくれた。
THE BLUE HEARTS のライブDVD! しかも2本!!
naoはブルハが大好き。ファンクラブにも入っていた。会員番号・・・いくつだったけか?
何故か不可思議にも1st.アルバムを紛失したため久々に聞いたリンダリンダ。体が・・・震えた。これはもう大人しくなんか見てられない!!
朝から我が家は跳ねまくり、叫びまくり、ヘッドバンキングしまくり・・・2階の人、ごめんなさい。
camiもね、さすがd.d&naoの息子!!踊りまくり!!彼の場合時々盆踊りなんだけど。これもまた血か・・・

f0079249_1472145.jpg

素敵な誕生日をありがとう。
今年もPEACEでHAPPYな1年を過ごせますように。

f0079249_1475434.jpg





















f0079249_149474.jpg
5月、ビックリするような暑い日、行ってきました多摩動物公園。
登山かよ!!って、何度もつっこみたくなったね。
でもね、camiはご満悦。かわゆい従姉のaoiとお手手つないで、このいやらしい顔!!
親と動物は暑さでグダグダだったけど、camiが幸せならnaoはHAPPY!!

aoiはnaoのアニキの娘。
こんなに可愛い子見たことない!っていうくらいかわいい。身内のひいき目を差し引いてもやっぱり抜群にかわいい。
camiもaoiが大好き。いつまでも姉弟のように仲良しでいられるといいね。
f0079249_1494963.jpg
















f0079249_1502959.jpg
”府中市子ども家庭支援センター たっち” maoに連れて行ってもらったよ。
とってもいいという噂は聞いていた。
遊具は少ないが、広くて綺麗、駅が目の前、同じビルのなかにはトイザラスや子供服屋、カフェなども入っていて親も飽きない。
府中はnaoの地元の隣街。活用しない手はない。

f0079249_15149.jpg



maoはnaoの幼馴染、さっちゃんの娘。camiと同い歳。
3月3日、雛祭り生まれのぷっちゅぷちゅベリベリキュートなmao。
最近は少し締まってきて女らしくなっちゃって、ちょっとつまらない。
やっぱりmaoはむちゅむちゅ、むちむちでなくっちゃ!!






f0079249_1522210.jpg
f0079249_1525896.jpgf0079249_153216.jpg








aoiアネムとcamiスプー。
2006年最大、最強の大イベント、”おかあさんといっしょ グーチョコランタンがやってきた!!”
厚木ばあば、(正確にはaoiのばあば)がチケットを取ってくれた。
お兄さんはゆうぞうお兄さんではなく、おさむお兄さん・・・(おじさん?)お姉さんに至っては顔すら見たことない。
でもね、とっても楽しかった。
一瞬、その場にいる自分に少し照れたりしたが、「naoもちゃんとお母さんやってんだなぁ」って嬉しくなったりした。
1泊2日の小旅行。 ばあば、楽しい思い出をありがとう。



厚木から買える日、「お家でとぉちゃんが待ってるよ」camiにそう言った。
その日は確かにd.dは休みで、バイクのタイヤ交換に行っていた。朝から行くと言っていたので話し込んで遅くなっても7時には帰ってくるだろうと思っていた。
が、他にもなおさなければいけない箇所が見つかったらしく帰りは夜の11時過ぎに・・・
「ねんねする?」と聞くと「はいっ!!」と元気良く布団にダイブする程ねんねが好きなcami、何故ならおっぱいをくわえられるから。
でもこの日は違った。ねんねしたくない、お絵かきする、と言い出した。
親バカだと思われるかもしれないが、camiはお絵かきがかなり上手だ。アンパンマンらしきものも描けたりする。
そんなcamiが全然やる気を起こさない。自分から描くって言ったのに。元気がない。
2,3日前から熱が高く(ヘルパンギーナにかかっていた)ダルイのかな?
d.dから帰るよコールがあってその訳がはっきりした。とぉちゃんを待っていたのだ。
f0079249_1543440.jpg
急に元気が出始めてノリノリだ。ほどなくしてd.dのバイクの音が聞こえると今度は下まで迎えに行くと言い出した「とぉちゃん♪とぉちゃん♪」ととぉちゃん音頭を歌いながら超ご機嫌。
下に行ってみると、なんとd.dはいなかった。誰か他の人のハーレーだったらしい。
「お部屋に戻ろうか?」嫌だという。
しばらくアパートの玄関で待っていたが、眠くなり、疲れ果て、シクシク言いながらnaoに珍しく抱っこをせがんだ。
バイク屋さんに大変な思いをさせたので片付けを手伝ってきたのだそうだ。
結局camiは夜鳴きをし、目を覚まし、待ち焦がれたとぉちゃんと再会した。
d.dはホントにいい父親だ。時間の許す限り一生懸命遊ぶ。そして何よりcamiを死ぬほど愛している。
そんなd.dの愛情や一生懸命さが、camiには伝わっているのだろう。
母親としてちょっと嫉妬しちゃうくらい、camiはとぉちゃんが好きだ。好きで好きでたまらないといった感じだ。
ねぇd.d、うちらの子供がcamiでよかったね。cami、とぉちゃんとかぁちゃんの子に生まれてくれてありがとう。
[PR]
by happeacemile | 2006-06-03 20:14 | EL CAMINO 記憶の旅