カテゴリ:EL CAMINO 記憶の旅( 11 )

最終話 EL CAMINO 記憶の旅  -listen to little voice- 

f0079249_04754.jpg2006年6月7日、3度目の結婚記念日。
1年目は2人で那須へ、2年目は3人で箱根の老舗旅館へ、3年目の今年はどこへ行こう?!
もうじき2歳になるcamiは活発でやんちゃ盛り、のんびり温泉に浸かるだけでは納得しないであろう・・・ということで行って来ました!
箱根小涌園!!水着で入れる温泉天国、ユネッサン!!
d.dと2人なら間違いなく選ばない旅先だ。
camiは水が大好き。前世はイルカか、小魚か、はたまたワカメかなんかだったに違いない。
camiの喜ぶ顔を見るのが何よりも幸せという親バカ2人は、たいした期待もせずホテルへと向かった。が、着いてビックリ!部屋が広い!綺麗!過去2回の旅行で行ったどのホテル、旅館よりもかなり快適!!
和洋室で畳が6畳、ベッドが2つ、窓からの景色も期待以上。驚きだ。
食事はそこそこだが、朝夕バイキング。f0079249_1183065.jpg

  ユネッサン、湯~とぴあは、心地いい客の数でのんびり。
  もちろんcamiは水を得た魚のように大はしゃぎ!
f0079249_1245362.jpg







f0079249_1365031.jpg




夕食の後はしゃぎすぎてゲロ、手にのったそれを”ジュースジュース”とニヤニヤ笑いながら眺めてるというハプニングもあり、とっても愉快な旅になった。

 
   来年もまたここでもいいな・・・とd.d。
   うん、naoもそう思う。

f0079249_1425743.jpg











6月もう一つのBIGイベント ”群馬サファリパーク!”
f0079249_1357352.jpg新潟のcamiの従兄弟、大好きなtomo、keijunと。
念願の”ば~ばちゅっ”ことライオンバスに乗り、ライオンに餌やり。
camiは”ガッオォ~”すなわちライオンやトラが大好きだ。
でも反応は薄い。間近で見ると大人の目にもかなりの迫力だが、ビビってる様子もなく喜んで興奮している風でもなく、ただただもくもくと生肉をあげていた。
”うおぉ~!!”と雄たけびをあげて飛び跳ねて喜ぶ姿を期待していたのだが・・・

途中のウォーキングゾーンではヤギとかラクダとか鹿みたいな大人しい動物に直接餌をあげることもできた。
動物を怖がらないということはいいことだ。
camiは一歩もひるまない。

f0079249_14113288.jpg






最後にオラウータンの子供を抱っこして記念写真。
camiも恐る恐る握手。「かわいいね。」なんて言いながら頭を撫でていたらウータンが豪快なくしゃみ!!よだれが顔中に飛び散ってcami呆然・・・

f0079249_14205729.jpg

家に帰り、ウータンと撮った写真を壁に飾った。
1日に何度もその写真を眺めて「キッキー、はっくしゅん、ねっ!」と思い出しているようだ。
「ば~ばちゅ、のった」、「ガッオォ~、あむあむ」、「パオ~ン、おっきいねっ」
camiが楽しんでくれたことが何より嬉しい。
また遊びにこようね。




f0079249_14513397.jpg


2006年7月4日、naoのかぁちゃん9回目の命日。
あれからもう9年かぁ・・・いや、まだ9年かも。
人から「悩みないでしょ!?」とよく言われる程、自他共に認める脳天気なnao。でもね、かぁちゃんの死からはなかなか立ち直れないでいたんだ。風邪ひいて寝込んだり、気弱になった時は決まってお母さんのことを思い出してシクシク・・わんわん泣いた。「お母さんに会いたいよぉ~」って大泣き、朝起きたら枕びっしょり・・・なんてドラマのような夢もよく見る。だけど、camiが生まれてからは少し元気になったみたいだ。生まれたての時は「抱っこさせてあげたかったな・・・」なんて思ってメソメソしたけどね。
”母は強し”なのか、毎日ハチャメチャで感傷に浸るヒマがないのか、とにかくcamiパワーはどこまでも強力だ。
f0079249_2342552.jpg
お墓参りの後、ポンタと玄関に座り空を見ながらかぁちゃんを思い出した。久しぶりにちょっと泣きそうになった。
f0079249_23514943.jpg














f0079249_23484583.jpg
そしてその隣ではcamiとaoiが泥んこまみれ・・・お母さん、あなたの孫は目を離すと何をしでかすか分からないやんちゃで元気な悪ガキです。
2人の声、聞こえてますか?

f0079249_23545393.jpg













f0079249_19262438.jpg

2006年7月15日。とってもキュートで愛らしい女の子が誕生しました。
”Linn”
あなたの歩む道が、夢と希望で満ち溢れた未来でありますように・・・





f0079249_014226.jpg
2006年7月、連日の雨降り。
家に閉じこもっていても退屈なのでカッパと長靴のフル装備で外に出る。水好きのcamiはもちろん雨も大好き。水溜りは最高の遊び道具だ。駒沢公園にできる巨大水溜はダイブ確実。「今時水溜りで遊ばせるなんて、お母さん偉いわね。こうゆう遊びが子供には一番いいのよ。」と通りすがりのおばぁちゃま。そういえば雨の日は年配の方が皆camiを微笑ましく見て通る。
「naoって意外にデキル母?!」
f0079249_0162918.jpg










     ・・・・浮かれ気分もつかの間。
     連日の泥んこ遊びでcami結膜炎に・・・
     そして面会謝絶。
     泥んこ遊びは程々に。
     自然を甘く見てはいけません。


f0079249_211534.jpg
雨の日はまだまだ続き、馬公園はおあずけ。
塔の前の石畳でシャボン玉。
どこでだって、何でだって楽しめちゃうのが特技です。

f0079249_235434.jpg
















f0079249_23452096.jpg晴れ男d.dの久々のお休み、チャリをこいで馬事公苑へ。
d.d命のcamiは大はしゃぎ。
チャリもとぉちゃんと乗るといい、手もとぉちゃんとつなぐという。nao何という粗末な扱い・・でもまぁ、チャリに関しては楽ちんだけどね。
f0079249_2354585.jpg







f0079249_23515468.jpg





馬事公苑では馬に注意です。






f0079249_19322512.jpg
           雨ばかりなので
              rihiとお家でダンス 


f0079249_19361339.jpg
















 ある晴れたプール後、
              リクと玉高の屋上庭園




f0079249_19501084.jpg
   
f0079249_19533975.jpg











大好きな舞ちゃんとおデート

夜の渋谷に繰り出した




f0079249_1957566.jpg
マグロ2カン、シメサバ4カン、アジ2カン、イクラ2巻
2歳児の好きそうなもの、
せいぜいイクラくらいでしょう?普通・・・
厚木のじぃじ&ばぁばにご馳走してもらった生まれて初めての回らない寿司。
親としては覚えて欲しくない味だけど・・・
とってもおいしかったです、ご馳走様でした
f0079249_2034098.jpg
 













f0079249_205125.jpg

2006・夏、今年初のじゃぶじゃぶ池はrihiと


f0079249_20224594.jpg
 








        次の日も30℃超え、
        じゃぶじゃぶへはmaiki&taikiと ⇒


f0079249_20295523.jpg

← すると、 
 今日もおっしゃれでキュートなテンくんにばったり



f0079249_20351956.jpg










       
       その次の日はamonとじゃぶじゃぶへ   ⇒





f0079249_18544046.jpgcami、現在2歳と8日。
生まれてから今までをブログで振り返ってみると、かわいかったこと、嬉しかったこと、楽しかったことばかりが思い出される。
子育ては決して楽なものではない。大変な事も沢山あった。悪さをしたcamiを叩いたこともあった。単に、自分がイライラしてcamiに当たったこともあった。もちろん今でもそれは変わらない。「まだたったの1歳じゃない・・・」と自己嫌悪に陥ることもしばしば。
その時その瞬間はただ一生懸命で、いっぱいいっぱいでなかなか周りを見る余裕がなかったりするんだよね。
「生まれた瞬間から日記をつけとけばよかった!!チッ!!」と悔やんでいたけど、この2年間を客観的に見れた事は、結構よかったと思う。
書き忘れた事、思い出せなかったこと、沢山あるけど、思い出したときにまたちょこちょこ書き足していこうと思う。
多くの良き友に出会い、古い親友に助けられ、何とか人並みに母を務め、大きな怪我も病気もなくcamiは2歳になった。
”EL CAMINO 記憶の旅” はこれで最終回。
遊びにきてくれた方ありがとう。
次回からは日々の日記をなるべくマメに残していきたいと思っています。そちらもよろしくねぇ。
[PR]
by happeacemile | 2006-07-19 02:07 | EL CAMINO 記憶の旅

第10話 EL CAMINO 記憶の旅 -LITTLE TRIPER!ー

f0079249_18231969.jpg



4月、お花見真っ盛り!!
今年もいつもの穴場で盛り上がりました。
桜よ、今年もおいしいお酒をありがとう!!












f0079249_1423326.jpg
年に1度の大イベント!
優しいおぉちゃん(じいじ)、明るいあぁちゃん(ばあば)そして5歳と3歳のやんちゃ真っ盛りお兄ちゃんが待つd.dの故郷新潟へ帰郷。
冬には雪、間近に海、最高のロケーション!!自然に飢えた都会っ子にはね。
camiは兄ちゃん2人に遊んでもらって大興奮。
普段はとぉちゃん命のcami、この時ばかりはd.dが空気と化していたな。naoに至ってはただのおしゃぶり状態。寝る時以外顔すら見てくれない・・・
でもやっぱり他の子にとぉちゃんを取られるのは許せないらしく、d.dにじゃれつくtomoに控えめに攻撃してた。
5歳、車大好き心のとっても優しいtomo。
3歳、とびきりのやんちゃイケメンボーイkeijun。
お風呂まで入れてもらって、naoは楽ちん。
f0079249_1433242.jpg
でもね、あったんですよ、落とし穴が・・・
camiが興奮し過ぎて寝なくなっちゃった。
その上夜鳴きまで!!
生まれてから今まで夜鳴きなんて2回あったか、なかったか・・・恐るべし、子供パワー。
そんなわけでnaoは少々バテ気味・・・





camiは海が好きみたいだ。上手に歩けるようになって初めて行った海、楽しそうに波に向かって走っていく。
ゴツゴツ岩も何のその、カニさんだって怖くない。
海に向かって小石を投げる遊びが気に入ったらしく、「おぉ~い!」って言いながらいつまでもなげてたね。
誰もいない海、家族3人、最高の幸せ。帰りたくない・・・って、泣きながら訴えてたな。
靴もズボンもビショビショ、また1つ楽しい思い出ができたね。
f0079249_1441582.jpg

                                   笑いあり涙あり
                             最高にゆかいな2泊3日柏崎の旅でした。
                           おぉちゃん、世界一おいしいトンカツをありがとう。


f0079249_1445770.jpg

道端に咲いている花。
毎年咲くはずのこの花を綺麗だなって思ったことあったかな?
camiがやってきてnaoの全ては一変した。
気持ちが、心が、豊かになった。
東京にもちょうちょが飛んでいることを知った。
cami、やっぱり君は天使なの?









f0079249_1454280.jpg
2006年4月23日、naoめでたく31回目の誕生日を迎える。
多摩川の土手にある”PEACE”というカフェ、いやイタリアンレストランでd.dとcamiが祝ってくれた。
窓の外には黄色い菜の花とゆっくり流れる川、おいしいお料理、愛するd.dとかわいいcami、この上なく幸せな時間。
歳を重ねることって、案外悪くない。

f0079249_146225.jpg


d.dはプレゼントも用意していてくれた。
THE BLUE HEARTS のライブDVD! しかも2本!!
naoはブルハが大好き。ファンクラブにも入っていた。会員番号・・・いくつだったけか?
何故か不可思議にも1st.アルバムを紛失したため久々に聞いたリンダリンダ。体が・・・震えた。これはもう大人しくなんか見てられない!!
朝から我が家は跳ねまくり、叫びまくり、ヘッドバンキングしまくり・・・2階の人、ごめんなさい。
camiもね、さすがd.d&naoの息子!!踊りまくり!!彼の場合時々盆踊りなんだけど。これもまた血か・・・

f0079249_1472145.jpg

素敵な誕生日をありがとう。
今年もPEACEでHAPPYな1年を過ごせますように。

f0079249_1475434.jpg





















f0079249_149474.jpg
5月、ビックリするような暑い日、行ってきました多摩動物公園。
登山かよ!!って、何度もつっこみたくなったね。
でもね、camiはご満悦。かわゆい従姉のaoiとお手手つないで、このいやらしい顔!!
親と動物は暑さでグダグダだったけど、camiが幸せならnaoはHAPPY!!

aoiはnaoのアニキの娘。
こんなに可愛い子見たことない!っていうくらいかわいい。身内のひいき目を差し引いてもやっぱり抜群にかわいい。
camiもaoiが大好き。いつまでも姉弟のように仲良しでいられるといいね。
f0079249_1494963.jpg
















f0079249_1502959.jpg
”府中市子ども家庭支援センター たっち” maoに連れて行ってもらったよ。
とってもいいという噂は聞いていた。
遊具は少ないが、広くて綺麗、駅が目の前、同じビルのなかにはトイザラスや子供服屋、カフェなども入っていて親も飽きない。
府中はnaoの地元の隣街。活用しない手はない。

f0079249_15149.jpg



maoはnaoの幼馴染、さっちゃんの娘。camiと同い歳。
3月3日、雛祭り生まれのぷっちゅぷちゅベリベリキュートなmao。
最近は少し締まってきて女らしくなっちゃって、ちょっとつまらない。
やっぱりmaoはむちゅむちゅ、むちむちでなくっちゃ!!






f0079249_1522210.jpg
f0079249_1525896.jpgf0079249_153216.jpg








aoiアネムとcamiスプー。
2006年最大、最強の大イベント、”おかあさんといっしょ グーチョコランタンがやってきた!!”
厚木ばあば、(正確にはaoiのばあば)がチケットを取ってくれた。
お兄さんはゆうぞうお兄さんではなく、おさむお兄さん・・・(おじさん?)お姉さんに至っては顔すら見たことない。
でもね、とっても楽しかった。
一瞬、その場にいる自分に少し照れたりしたが、「naoもちゃんとお母さんやってんだなぁ」って嬉しくなったりした。
1泊2日の小旅行。 ばあば、楽しい思い出をありがとう。



厚木から買える日、「お家でとぉちゃんが待ってるよ」camiにそう言った。
その日は確かにd.dは休みで、バイクのタイヤ交換に行っていた。朝から行くと言っていたので話し込んで遅くなっても7時には帰ってくるだろうと思っていた。
が、他にもなおさなければいけない箇所が見つかったらしく帰りは夜の11時過ぎに・・・
「ねんねする?」と聞くと「はいっ!!」と元気良く布団にダイブする程ねんねが好きなcami、何故ならおっぱいをくわえられるから。
でもこの日は違った。ねんねしたくない、お絵かきする、と言い出した。
親バカだと思われるかもしれないが、camiはお絵かきがかなり上手だ。アンパンマンらしきものも描けたりする。
そんなcamiが全然やる気を起こさない。自分から描くって言ったのに。元気がない。
2,3日前から熱が高く(ヘルパンギーナにかかっていた)ダルイのかな?
d.dから帰るよコールがあってその訳がはっきりした。とぉちゃんを待っていたのだ。
f0079249_1543440.jpg
急に元気が出始めてノリノリだ。ほどなくしてd.dのバイクの音が聞こえると今度は下まで迎えに行くと言い出した「とぉちゃん♪とぉちゃん♪」ととぉちゃん音頭を歌いながら超ご機嫌。
下に行ってみると、なんとd.dはいなかった。誰か他の人のハーレーだったらしい。
「お部屋に戻ろうか?」嫌だという。
しばらくアパートの玄関で待っていたが、眠くなり、疲れ果て、シクシク言いながらnaoに珍しく抱っこをせがんだ。
バイク屋さんに大変な思いをさせたので片付けを手伝ってきたのだそうだ。
結局camiは夜鳴きをし、目を覚まし、待ち焦がれたとぉちゃんと再会した。
d.dはホントにいい父親だ。時間の許す限り一生懸命遊ぶ。そして何よりcamiを死ぬほど愛している。
そんなd.dの愛情や一生懸命さが、camiには伝わっているのだろう。
母親としてちょっと嫉妬しちゃうくらい、camiはとぉちゃんが好きだ。好きで好きでたまらないといった感じだ。
ねぇd.d、うちらの子供がcamiでよかったね。cami、とぉちゃんとかぁちゃんの子に生まれてくれてありがとう。
[PR]
by happeacemile | 2006-06-03 20:14 | EL CAMINO 記憶の旅

第9話 EL CAMINO記憶の旅  -MARKING!!-

f0079249_1532374.jpg
1歳になったcamiの行動範囲はますます広がった。
みんなの縄張り馬公園やさぼりぎみのプールはもちろん、
maikiの影響でぴっぴもよく行った。
d.dのお休みの日には車で遠出もよくしたな。
あんよができるようになるとお出かけが楽しくなるよね。


夏は駒沢公園のジャブジャブ池。
清潔(多分)だし、近所だし、なによりタダだし、子供たちの憩いの場。足しか浸かれないママさんにはちょっときつい。
土日は混み混みだけど、平日の朝一(9:00)は貸切状態。
去年はね・・・ 今年は友達を沢山誘っていこう!!
f0079249_1542176.jpg




秋にはcami、動物園に初上陸!! ズーラシアへ!
naoの場合、動物園といえば多摩動!!
山あり谷あり、できれば避けたい場所・・・
でも、ズーラシアは違った。超らくちん。余裕。
camiの反応はというと、かなり微妙・・・
動物よりも歩くこと、弁当食べることのほうが嬉しいらしい。f0079249_23244942.jpg
”ガオォ!”いわゆるライオン、トラが大好きなはずだったけど・・・
トラを見ても「あっ。」って言ったくらいだったな。
アスレチックのような子供の遊具が途中途中にあって、なかなか楽しい。
この日のcamiはそれすらも興味をしめさなかったけどね。
この動物園の名物はなんといっても”オカピ”くん。
不思議な怪しい生き物。
記念に”オカピ靴下”買って帰ったよ。
たびっクスになっててとってもかわいい。
ズーラシアへ行かれる方、必買です!!

f0079249_23435825.jpg
こちらの写真は”HALLOWEEN PARTY!!”
f0079249_23515489.jpg









バカ騒ぎしたい大人の飲み会です。
      ”TRICK OR TREAT??!!”


f0079249_085015.jpg12月には2回目のディズニーランドへ!
d.dの36回目のバースデイを記念して!!
・・・がしかし・・・
朝から不調だったd.d。具合がどんどん悪くなり1人車で休むことに・・・
痛いとか痒いとか、普段は全く言わないd.d、ホントに辛かったんだね。
naoとcami、2人ぼっちになってしまい不安・・・
しかも寒いわ、雪降るわで楽しい気分も微妙・・・
camiもとぉちゃんがいなくなって不機嫌・・・
やっぱり3人一緒じゃなくちゃね。
踏んだり蹴ったりだったけど、ミッキーとミニーが踊りまくるショーを見て大興奮で機嫌をなおしたcami。パレードで上機嫌になり、帰宅の途につきました。

f0079249_2149100.jpg1歳のX’mas、プレゼントは盛り沢山!!
新潟のじいちゃんばあちゃんからはLEGO
東京のじいじからは従姉のaoiと色違い、お揃いの三輪車!!
その他もろもろ周りの大人たちからも。
この三輪車、ミッキーの顔が付いていて音楽がなりミッキーがしゃべる。
正直言ってd.dとnaoの趣味では、絶対に買わない。
でも、camiは大喜び!
大音量でミッキーマウスマーチを鳴らしながら駒沢を歩くのは少し照れくさい・・・
でもまぁ、しょうがないね、X’masだし・・・

f0079249_13585183.jpg
12月25日、X’masまさにその日はcamiの幼馴染で親友のmaikiと過ごした。
maaちゃんの手作り料理とnaoのチーズケーキ、そしてX’masのお約束チキン!!
残念ながらケンタッキーではなくモスでしたが・・・

f0079249_145352.jpg




何はともあれ、素敵なX’masを過ごせました。
VERRY VERRY MERRY CHRISTMAS!!!


そしてやってきました毎年恒例ギリギリまでやる気の起きない年賀状作り!!
「年賀状に子供の写真使うのってありえないよね!!迷惑!!」これ、独身時代のnaoの名言。f0079249_1423381.jpg
そして出来上がったのが、
どこまでもバカ親全開のこの2枚。 やれやれ。f0079249_14253899.jpg









ちなみに2006年は戌年。愛犬ポンタと。
        A HAPPY NEW YEAR!!!
    今年もcamiや友達が元気にたくましく成長できる1年でありますように・・・

f0079249_1642115.jpg
     1月、寒い中何故か食べたくなるアイス。
           今日は奮発して31サンデー!

f0079249_1673865.jpg
   






  d.d休みの日の定番、駒公リス公園へ。
      落ち葉のシャワー!!


f0079249_16142266.jpg


f0079249_1631718.jpg将来バイク野郎決定でしょう・・・

f0079249_16313128.jpgf0079249_16315265.jpg















f0079249_16435011.jpg


暖かくなってきた3月。
駒公名物の梅の花も見ごろに。
お弁当持って、maikiとピクニック!!
いつも一緒の2人です。







f0079249_1651857.jpgf0079249_16523668.jpg












f0079249_365237.jpg

[PR]
by happeacemile | 2006-05-28 02:39 | EL CAMINO 記憶の旅

第8話 EL CAMINO記憶の旅  -small world-

f0079249_15365335.jpg
1歳を過ぎると歩き出しそうで歩かない日がつずいた。
camiは伝い歩きの時期がとっても長かった。
でも、つかまり立ちから1人で歩くようになるまでの成長は、劇的な感動が多かったように思う。
つかまっているテーブルからおそるおそる手を離した時、
どこにもつかまらず1人で立てた時、
微妙な1歩を踏み出した時、
2歩、3歩、4歩・・・1歩1歩全てに感動した。
「頑張れ!もう少し!それっ!!」あれほどまでにドキドキワクワクできること、camiに出会わなかったら感じられなかったね、きっと。
そんなドキドキが3ヶ月位続き、1歳2ヶ月に入る頃、camiは1人で歩き出した。
楽しいことが沢山待ってるよ!!
この世界がすごくおもしろいってこと、沢山教えてあげる!
まずは何をしようか?
キラキラ公園まで、お散歩しよう!!


今まで元気に何の問題もなく育ってきたcami。風邪もひかない、熱も出さない、肌は強くツヤツヤぷるんぷるん。
が・・・いわゆる母乳の効果が切れた・・・ってやつなのか?この頃、生まれて初めて熱を出した。
脳天気なズボラかぁちゃんのnaoでも、初めての高熱にはうろたえた。
夜間診療をしている小児科へタクシーで向かう。
今となっては熱くらいでは驚かない。ちゃっちゃと病院に行って、薬をもらって、座薬をぶっすっと、はい完了!
でも初めての時はね・・・赤ちゃんに薬なんて飲ましていいの?なんて不安に思ったりして、ハラハラしていたな。
何度か熱を出し、こちらも馴れてきて余裕こいてた頃、1番恐れていたことがやってきてしまった・・・”熱性痙攣”
以前に参加した救急隊の人のお話では、救急車を呼ぶほどのことではない・・・と言っていたが、目の前で痙攣している我が子を見たら誰でも真っ先に119番を押すだろう。
救急車が着く頃には平常に戻っていたが、camiはぐったり。やはり呼んでよかった。
その後1歳6ヶ月で2度目の熱性痙攣を起こしたが、その時ももちろん119番をプッシュ。
もう2度と起こしませんように・・・・

1歳3ヶ月の時は亜脱臼を2回。四つん這いでおっぱい飲んでてうっかり寝ちゃってガクッと。
そんな感じでやっちゃったんだと思う。この時もかわいそうだったな。脱臼って痛いもんね。
これも1歳6ヶ月で3度目をやっちゃいました。

熱性痙攣も脱臼もこの時期の子供にはよくあることらしい。
「お母さん、心配ないですよ。」と医者。・・・そんなわけにはいかない!かぁちゃんは毎回必死です。

f0079249_143580.jpg1歳になると友達も沢山できた。
まずはcamiの大親友maiki。
出会いはぴっぴ。人並み外れたスタイルとかわいさを持つmaikiママが声をかけてくれた。
以来親も子も、すごい仲良し。
大きくなったら2人で悪いこと沢山しそうな顔・・・してるよね・・
f0079249_14115236.jpg




1歳でプールも始めた。二子玉のコナミ。ここではいっぱい友達ができた。正直言って名前と顔が一致しない子ばかりだけど・・・
この時期の子供の友達は親が決めてると思う。
だって気の合わないママと一緒にいたくないもん。
でも以外にcamiも好き嫌いがあるんだよね、大好きな友達には抱きつく、名前呼ぶ、上に乗っかって押さえ込む・・・
そして数いる友達の中から母子共に好意を持ったのがこの悪ガキ3人。f0079249_1435378.jpg

まずはあもん。この笑顔やばいよね。
naoもcamiも完全にやられちゃってる。
とくにcamiは愛しちゃってるよ。
そして”知れば知るほど大物”(satocoちゃん語録引用)あもんママあきちゃん。
いつもcamiの激し過ぎる愛情を受け止めてくれてありがとう。f0079249_1443633.jpg











f0079249_1446147.jpg
そしてこちらのイケメンボーイ、ゆうっぺ。
いつも何やら企んでる笑顔を投げかけてくる。
それがまたとびきりキュート。
こんなイケメンを産み落としたsatocoちゃんはこれまたかわゆい。(naoより3つも4つも年上だけど・・)
キュートという言葉はこの人のためにあるといえる。
時々ズッコケてるところも憎めないんだよねぇ。
また遊びに連れてってねん。



f0079249_13513844.jpg
こちらのぷっちゅりかわいこちゃんはリヒ。
ママはスタイル抜群、ファッションリーダーのれーか。
子供服の趣味も、グータラ子育ても、とっても気が合う。
30過ぎてこんなに仲良くなれる友達ができるとは思ってなかったよ。母子共に、一生よろしく!
f0079249_14344100.jpg




camiはプールが大好き。1度も泣いたことがない。
普段から悲しいくらいマザコンから遠くかけ離れてるcami。
プールの中でも抱っこされてるのが気に入らない。
放せ放せと暴れまくる。
数ある習い事の中でスイミングだけは何が何でもやらせたかった。
水泳選手になって欲しいわけじゃない。
水が好き、泳ぐことが大好きってことは、人生を沢山楽しめると思うから。
海に潜ってサザエを獲ったり、珊瑚礁の綺麗な魚たちと泳いだり、世界中をサーフトリップしたり、水に関わる楽しいことは山ほどある。
それに学校のプールで白帽4本線は家系的にあったりまえだし。赤帽恥ずかしいし。
f0079249_14264989.jpg水を怖がらず、プールが好きになってくれたことはとっても嬉しい。
でもさ、水溜りに座り込んで手を洗うのだけはやめてくれ!
f0079249_135347.jpg









f0079249_1332313.jpgこちらの雑誌から飛び出してきたようなかわいこちゃんはテンくん。
笑顔のかわいい電車大好き、3歳のちょびっとおにいちゃん。
テンテンとは家族ぐるみのお付き合い。
パパもママもおっしゃれでひょうきん!
我が家は家族全員テンくん一家が大好き。
ねぇ・・・パパホントは芸能人なんでしょ?  ピース!!f0079249_1382524.jpg














以上、camiのsmall world!!
camiはこの5人が大好きなんだよね。生涯続く友情でありますように!!!
f0079249_20872.jpg

[PR]
by happeacemile | 2006-05-22 02:09 | EL CAMINO 記憶の旅

第7話 EL CAMINO 記憶の旅  -HAPPY HAPPY 1ST BIRTHDAY-

f0079249_19441616.jpg2005年8月5日、木曜日。camiめでたく1歳を迎える。
子育てを大変と感じることも少なく、脳天気にダラ~っと過ごしてきたが、camiはこんなダメ母にめげずスクスクと元気にたくましく大きくなってくれた。
記念すべき1歳の誕生日、さぁ、何をしよう?!!
camiが喜ぶこと、してあげたいなぁ・・・ 
ということで、行って来ましたディズニーランド!!
正直言って、d.dもnaoもミッキーっていうキャラじゃない。
普通の遊園地ですらおデートの選択肢から外れてる。
ましてディズニーなんてそんなメルヘンなところ・・・・無理・・・
蕁麻疹でるかも・・・・
でも行ってきました。
可愛すぎるcamiのためなら、ミミの付いた帽子だって被れるよ。
風船だって、ベビーカーにくくりつけちゃうもんね。
夏真っ盛り、とっても暑くて少しバテ気味。camiの様子も微妙・・
1歳児でも乗れるアトラクションは思った以上に沢山ある。
でもイッツアスモールワールド以外はちょっと泣きはいってたな。
ピノキオなんて、naoも怖かったし・・・・
でもさすがはディズニー!!夜のパレード!!すごい!!!
何がすごいって、camiの興奮振りがものすごい!!!大喜びで、踊りまくり!!
キラキラ光るでっかい乗り物、ゆかいな着ぐるみ、踊り狂う綺麗なおねぇちゃん・・・・camiの魂に火を点けた!!
手をパチパチ叩きながら、跳ねまくり、雄たけびあげて、大興奮!!!
まだ1人では上手に立ってられないcami。抑えるd.dの顔にパンチ!!キック!!!
そんなcamiを見てたら、ものすごく幸せな気持ちになった。
ひとしきり踊り疲れ果てたか、パレードが終わるとすぐに眠ってしまったcami。
閉館間際のメルヘンの中を歩きながら、「名残惜しいね・・帰りたくないね・・」とつぶやく親2人・・・
40前のおじさんと、30過ぎのおばさんがディズニーランドにはまった瞬間でした。
また来よう。camiの笑顔でホカホカ幸せになれた1日でした。
HAPPY BIRTHDAY CAMI !! 幸せな年にしよう!!!
f0079249_2050895.jpgf0079249_20551374.jpgf0079249_23423895.jpg





  












camiはよくしゃべる。ほとんどは赤ちゃん言葉。マンマくらいは言えてたかな。
1歳頃だったと思う、突然何かを指差して”わんわん”???!!!f0079249_23435038.jpg
指差す先には本物の犬が!!!!親としては感動の一瞬!!
すご~い!!!!!
人目をはばからず、大きなこえで、猫なで声全開、ほめまくり!
何も理解してなさそうで、しっかり分かってるんだね。
あまりの嬉しさにそこらじゅう電話しまくり。「camiがしゃべったよ!!」「わんわんだって!!」
cami、他にはどんな感動を隠しているの?
”かぁちゃん大好き!”
なんていつかいってくれるのかな?
そんな日が早く来たらいいな・・・・ いや、まだまだそのままの小さなcamiでいて・・・
四六時中camiのことばかり考えてるかぁちゃんです。
[PR]
by happeacemile | 2006-04-29 23:09 | EL CAMINO 記憶の旅

第6話  EL CAMINO 記憶の旅  -まいう~-


f0079249_22421736.jpg7ヶ月になるとお座りができるようになった。
髪の毛もわっさわっさ生えてきて、体もぷっくり。
”ぷっくり”といえば、この頃のcamiは”高木ぶ~”とか”あんぱんまん”とか”石ちゃん”とか・・・
おでぶキャラに例えられることが多かった。
naoの目にはとってもスリムで、バランスのいいモデル体系にしか見えなかったのだが・・・
バカがつく程の親の愛はモウモクらしい。1年程眠らせておいた10本のフィルムを先日やっと現像に出し、ウキウキ気分で写真を見てびっくり仰天!!なんというおでぶちゃん!!
確かに、ホンジャマカだわ・・・ 今ではゆるゆるのズボンをパッツンパッツンで履いてるし・・・ そのホッペ・・・どうしちゃったの??f0079249_22534762.jpg今ではとってもスリムになったcami。少々お腹は膨れてますが、
”camiくんスタイルいいねぇ”とか”かわいい~!モデルの子みた~い”とか”将来有望!!”とかとか言われちゃったりしてます。うぅおぉっほっほっほっほっほ!!
いや、いくらバカでも分かってますよ。半分以上はお世辞、社交辞令だってこと。いや半分位かな・・・いやいや3分の2は本心でしょう!!だって街でスカウトされたことあるもんね!!しかも2回!!う~っひゃっひゃっひゃっひゃっ!!と、どこまでもおバカな母親ですが、言いたかったのはcami命ということ。・・・いや、違う。毎日一緒にいると気が付かない変化にビックリしたということでした。



f0079249_2259211.jpg
f0079249_22571291.jpg













f0079249_1401132.jpg9ヶ月になる頃迎えた初節句。
じぃちゃん、ばぁちゃん、ひいじいちゃんから兜と鯉のぼりをプレゼントしてもらった。
f0079249_1404928.jpg”元気にたくましく大きくな~れ!”願いどうり、順調にハイハイをし始め、つかまり立ちを完成させ、ちっちゃなちっちゃな歯が生えたのも、この頃だった。
体重 9410g、 身長 71・5cm、 頭囲 44・5cm、 胸囲 46・5cm、 歯2本、 すこぶる元気!!


f0079249_97825.jpgそして6月はd.d&naoの結婚記念日。毎年6月7日には旅行に行くことにしている。camiにとっては初めての旅行。部屋露天の付いている箱根の老舗旅館に泊まった。窓からの景色は最高!!飯もうまい!!f0079249_982477.jpg生い茂る緑の下には綺麗な川。そんな風景を眺めながらビール片手に露天風呂。いいねぇ・・いいよねぇ・・
のぼせきった後は、江ノ島水族館へ。今は亡きみなぞうくんに感激し、何10年振り?のイルカショーに大興奮。camiの反応は微妙だったけどね・・・さぁ、今年はどこへ行こうか?!


f0079249_2231586.jpg7月になり、cami初の断髪式。”くりくりしててかわゆいから切らない!”と、伸ばしっぱなしで目に入る髪はガールのようにピンでとめていた。が・・・あまりの暑さと、シャンプー後のドライヤーの面倒臭さにバッツリいっちゃいました。いきなり電バリ3mm!!そしたらなんということでしょう!!かなりイケてるじゃないの!!!どうしてもっと早くに坊主にしなかったの!!生まれた時から頭の形にはものすごく気を使っていたから、とってもビューティフルなまるこめちゃんになりました。
葉山で海デビューも果たし、後は誕生日を待つだけだ・・・
f0079249_22502032.jpg

[PR]
by happeacemile | 2006-04-21 23:07 | EL CAMINO 記憶の旅

第5話 EL CAMINO 記憶の旅  -いとおしい・・・-


f0079249_17125499.jpg
生後1ヶ月に入ると
近所の駒沢公園によくお散歩に行った。
9月に入りギラギラ太陽も少し優しくなり、
のんびりゆったり最高の幸せ。
夏の駒沢公園は本当にきれいだ。
桜の季節よりもずっとずっといい。
緑の葉っぱが生い茂り、木漏れ日がキラキラ。
camiもこのキラキラが大好きで、
よく目をキョロキョロさせて見ていた。
”キラキラ公園に行こうね”って言うと、
嬉しそうに笑っていたっけ。
今では緑よりも光よりも滑り台、砂場へ一直線だけどね。

camiの成長は極めて順調。
標準どうりにスクスク大きくなった。
     (身長体重は少し多めだけどね・・)
よく泣き、よく笑い、手足をバタバタ動かし、
おっぱいもゴンゴンよく飲み、
相変わらず夜鳴き知らずでよく眠る。

f0079249_17251081.jpg
3・4ヶ月で首が据わり、
お散歩以外にも沢山お出かけするようになった。
まず行ったのはどこだったけか?
確か代官山の”TINY TAITO”だったと思う。f0079249_17365875.jpg
かっこかわいい子供服が手に入るお店。
今では 理一斗→
と買いあさってる。
みんなに広めたいけど、
内緒にしておきたい・・・・
そんなお店なんだ。
知りたい方、
リヒ&camiと仲良くなりましょう。

f0079249_1750844.jpgf0079249_1752937.jpg
ん~・・・3・4ヶ月、
5・6ヶ月・・・どんなだったけか?
覚えているようで忘れちゃってる・・
生まれた時からちゃんと
書いておけばよかったな。
←生意気顔のcami
    ねこパンチするcami→
写真はいいね。
いろいろ思い出させてくれる。

そういえばcamiが寝返りをうった時は興奮したな。
確か5ヶ月の頃だったと思う。
ず~っと上向いて寝ていたcamiが何やら一生懸命頑張ってる!
その姿が猛烈にかわいくて、急いでビデオをまわした。
チャレンジを始めてから1週間くらいかな、
コロンってまわった!!
f0079249_2252475.jpgあの時のcamiの顔、naoは一生忘れないよ。
ちょっとビックリした後、すっごく嬉しそうな顔したよね。
いとおしくて、いとおしくて、たまらないって思ったよ。

f0079249_18385742.jpg
現在魔の2歳と言われる年齢に近ずいてきているcami。(1歳7ヶ月)
気に入らないことがあるとすんごい勢いでダダをこね、
そっくり返って泣き叫ぶ。
”もう!!いいかげんにして!!!”とイライラすることしばしば・・・
子供だもんあたりまえなんだけどね。
でもやっぱりかわいくてかわいくてたまらない我が子。
足の先から髪の毛1本1本まで全てがいとおしい。
ちっちゃい体で、一生懸命生きてるんだなぁ・・・って、
ブログを書きながら、しみじみじ~んと感動してしまうかぁちゃんでした。
[PR]
by happeacemile | 2006-03-22 18:45 | EL CAMINO 記憶の旅

第4話 EL CAMINO 記憶の旅 -愛すべき人たちー

f0079249_1556166.jpgcamiはとっても大きな赤ちゃんだった。
そりゃそうだ、3800gもあったんだから。
特に手足は(未だに)大きかった。
”幸せを沢山つかむ手だね・・・”
看護婦さんに言われて、じ~ん。
映画、ドラマ、小説、何を見ても泣いたことのないnao、
産後は感傷的になるものなのかな?
かわいいcamiの寝顔を見てるだけで泣けてきた。
不安なんか全然なくて、
明るい家族計画だけが見えてたなぁ。
だから脳天気って言われるのか。
”悩みないでしょ!?”ってよく言われるけど・・・


f0079249_1613236.jpg
f0079249_16134684.jpgf0079249_2139965.jpgf0079249_1621637.jpg
camiは沢山の人に祝福されながら生まれてきた。
じいちゃん、ばあちゃんはもちろんのこと、d.d,naoの友達も。
生まれた時から沢山の人にいっぱい抱っこされてきた。

f0079249_16245817.jpg

f0079249_16253035.jpgちょっと怖そうなおじさんたちもいるけれど、
みんな心の綺麗なピース人ばかり。
血筋からいっても、中学高校の年頃には
きっと悪さもするだろう。(反面教師ならいいけど・・)
そんな時、怒ってくれたり、慰めてくれたり、
一緒になって悪さしちゃったり、
camiの力になってくれる大人(子供大人?)達。
  -多分ね・・・-
親には相談できないけど、
このおじちゃんにはなんでも話せるって人、
貴重だと思うんだ。

f0079249_2142429.jpg
f0079249_21463612.jpg
革職人、銀職人、ヘアーメイク、
料理人、雑貨屋、モデル、床屋、
バイク野朗、ヒッピー、ニートetc・・・
camiはどんな影響を受けて、
どんな人になるのだろう。
のんびり、ゆったり、人に優しく、
気の合う仲間に囲まれて、
楽しくハッピーな人生を送ってくれたらいいな。
naoの願いはそれだけ・・・

f0079249_23141123.jpg

f0079249_23155124.jpg
でもcamiはすんごい面食いだから、
やばい女にひっかかるんじゃないか・・・?
ってことだけが心配なのよねぇ・・・
”一度位は痛い思いした方がいいんだよ。”
とd.d。
んっ・・???
痛い思いしたことあるのか????

f0079249_23442578.jpgf0079249_23445266.jpg










f0079249_234754.jpg

[PR]
by happeacemile | 2006-03-11 23:55 | EL CAMINO 記憶の旅

第3話 EL CAMINO 記憶の旅  -無事家に戻ったよー

助産院から我が家へ戻りホッと一安心。camiも随分落ち着いている。
ただ、迎えに来てくれたd,dはすぐさま仕事へ行ってしまい少し不安・・・初めてcamiと2人きの時間を過ごす。
naoのかぁちゃんは9年前に病気で亡くなってしまい(寂しい・・・)頼れる人はいない。
”産後はうちにおいで”と親切に誘ってくれた優しい叔母さま達は何人かいたが、naoの性格上、あまり人に甘えられない。逆に気を使ってしまう。
産後で疲れてる時だからこそ、家でcamiと2人自分のペースで過ごす方を選んだ。
d.d方のお母さんも何日か手伝いに来てくれると言って下さった。(新潟柏崎から・・)
もちろんcamiが生まれてすぐにはるばる会いに来てくれたが、病院で見舞い客への
naoの対応を見て、”この子は1人にしてあげたほうがいい!”と、的確な判断をしてくれた。
新潟では毎日忙しく働いてるお母さん、例え2日でも手を煩わせるのは申し訳ないと思っていた。そしてそのnaoの気持ちもd.dから伝えてもらっていた。
もともと優しくて明るくて大好きなママだったけどますます好きになった。
年配の人って、”絶対こうしたほうがいい!!”、”こうしなさい!!”みたいに自分の意見に絶対的な自信を持っている人が多いように思う(特に孫を持つばぁちゃん)が、この人は違った。
nao気持ちを一番に考えてくれた。はるばる新潟から孫の顔を見に来て、きっともっと抱っこしたかっただろうに・・・
本当にありがとう。感謝してます。naoもあなたのようなおばぁちゃんになりたいな。

f0079249_23593179.jpg
が、しかし・・・やはり産後の体は自由がきかない。もちろんd.dは沢山協力してくれたが、
時間的にも立場的にもかなりハードな仕事をしているd.d、できればご飯くらい作って待っていてあげたい。でも体はダルイし、買い物行けないし・・・
そんな時、助けてくれたのはこの人たち。
買い物、飯、泣きじゃくるcamiの抱っこ。掃除までしてくれたかな、確か・・・
唯一naoが気を使わない友達と言えるだろう。
彼らがいなかったら本気でやばかったかもね・・・
夕寝から目覚めるとすでにおいしいご飯ができている。
いつのまにか来ていつのまにか帰っていく。
だらしない寝顔を見せられる友達もこの人達くらいかな。
ホントにありがとう。
孫の代まで感謝します。

そんな事を知ってか知らずかcamiは2人が大好き。
未だに一年中遊びにくるのだが、ベッタベタだ。
頼りになるかどうかは別として、
第2のとぉちゃん、かぁちゃんみたいな存在だな。
思う存分甘えなさい。


camiはあまり手の掛からないこだったと思う。
生まれた頃は(いつ頃までかはわすれたが・・)3時間置きに授乳が基本だと思うが、
camiはず~っと寝てるので、こっちまでうっかり寝過ごすこともしばしば。
夜寝て朝まで2人でグッスリ。ホントに大丈夫?
ちょっと不安になり助産士さんに尋ねると、”夏で脱水症状になるといけないので起こしてあげて”、とのこと。
今現在1歳7ヶ月になるが、生まれてから今まで夜鳴きも全然ない。
2,3回はあったようにも思うが、クタクタになるようなすごいものではなかった。
f0079249_1714725.jpg
  -そういえば妊婦のときの10ヶ月検診かなにかで、”赤ちゃんのストレスチェック”
    みたいなのをした時、全くストレスがない!といわれたことがある。
    ”図太い子だねぇ”と先生。ついでに妊婦自身の心理テストでも
     naoが全くストレスを感じない人間ということが判明し、
    ”母子共に図太い!出産も育児も問題ない。
     あんたらなら乗り切れるよ。”と言われた。  はは・・・ -
難産の子は育児が楽・・・なんて話を聞くが、まさにそれだったのかもしれない。
大変だ・・と思うことも勿論あったが、いろんな人の話を聞いたりしてみるとまだまだ序の口と思えてくる。
”抱っこしてないとf0079249_1721323.jpg
すぐ泣くんだよね・・naoも寝たいのに・・・”
なんて泣き言もよく言ったが、抱っこすれば一瞬で泣き止むんだからありがたい。
そして夜鳴きがないということは、他に大変なことはなにもないということ。
お風呂は毎朝優しいd.dが入れてくれる。
ばぁちゃんがいない分、楽な育児を神様が与えてくれたのかもなぁ・・・
楽って・・・今だから言えることだけどね。
でもd.d曰く、”naoが大変ってあまり感じてないんじゃない?”
どれだけ鈍感なんだよ!!!


f0079249_1720476.jpg
え~、本日2006年3月10日金曜日午前11:10
cami、男になりましたぁ~!!(ちょっと違うな・・)
一皮(一皮?)剥けましたぁ!!
何が?って?そりゃぁあなた、小さくても男ですから。あそこですよ。
剥いたほうがいい、剥かないほうがいい、医者によっていろいろみたいだが
”小さくて悩むより大きくて誇らしい(・・誇らしい??)方がいいじゃないか!!”
という家族会議の結果d.dやっちゃいました。
”それっ!ぺろ~ん。”ってな感じで。
cami、状況把握してるのか?ニタニタ笑ってるよ。
   -剥いたはいいけど戻らなくてちょっと焦る親2人・・・-
camiの掛かりつけのお医者はcamiのティンティンを見て
”あぁ、これはそのうち自然に剥けてくるからほっといて平気。”と言っていたんですがね・・・
まぁ何はともあれ、今日はムケムケバースデー!!
おめでと~!!!
[PR]
by happeacemile | 2006-03-10 17:35 | EL CAMINO 記憶の旅

第2話 EL CAMINO 記憶の旅 -IN病院ー

camiが産道を通りこの世に辿り着こうとしている時、
とってもレトロで下町感ありありの吉田医院の吉田先生は叫びつずけていた。
”おぉいい!でかい頭だな!!”そしてcamiの出口をバッツンバッツンとすごい音で切る。
吸引する道具を持って来い!!みたいなことを叫びながらやっとのことでcamiを引っ張り出した。f0079249_19203647.jpg
そう言えば”痛~い!!!”と叫びながら病院に駆け込んだ飛び入りのnaoに
”おい、頑張れよ!俺が引っ張り出してやるから!!”と乱暴に言い放った。
出産に関してはわりと”生命の神秘”みたいな事を言って穏やかなきもちで・・・ってなかんじが多い気がする。生命の神秘には違いないが、naoはとにかく猫撫で声が嫌い。
”お腹の赤ちゃんとお話しましょうねぇ~。うふっ”みたいなの。
言われなくてもお腹には話しかけていたが、そんな風に言われると気持ち悪い。
決してMではないが”陣痛は病気じゃない!びーびー言うな!!”くらい言われたほうが性に合っている。そんな訳で先生の声を聞いて勇気が沸いた。ホッとした。助かったと思った。
でもこの吉田先生本当はすごく優しい。産後の検診ではすごく優しく話しかけてくれた。
産中のあの激しさは叱咤激励ってやつだったのかもしれない。
厳しい状況の中、元気に無事に華望を取り上げてくれてありがとう。
次の出産では(予定は未定)お世話にならないように、食い過ぎ・・気をつけます・・・


camiの泣き声を聞いてすぐ、d.dがへその緒を切った。
そしてすぐにnaoが抱っこをし初乳をあげた。
 ー普通の病院ではしないのかな?助産士の先生が着いてきてくれたから良かった。-
感無量!!可愛い過ぎる!!しかも望んでいた男の子!!!
丸2日の地獄のような時間もすっかりぶっ飛んで忘れられた。f0079249_19293442.jpg処置が終わるとスタスタと1人で歩いて病室へ。
このときばかりは17キロ分食いまくって、体力ありありの自分をたくましく思った。
2日間の空腹を満たそうと出されたしょうが焼き定食をペロリとたいらげ、
これまた切らしていたニコチンを補充し、ホッと一息。
 -病室の横の給湯室で一服できちゃうのもこの病院の素晴らしき魅力・・・-
じいちゃん(nao父)が会いに来てくれて、2日間付きっ切りのお疲れd.dを家まで送ってくれた。
f0079249_1939187.jpg一人取り残されたnaoはcamiのことが気になっちゃって何度も何度も新生児室に会いに行った。
”今日はちゃんと寝てなくちゃダメ!!”と看護婦さんに怒られたがシカトした。
 -助産院なら生まれたらず~っと一緒にいられるのに・・・-
f0079249_19441118.jpgでも次の日目覚めるとすぐに同じ部屋に連れてきてくれた。
しかも特別室!!飛び入りでその部屋しか空いておらず、値段も据え置き。
なんて良心的な病院なのかしら。
d.dはすぐに仕事復帰をしてしまったけど(あたりまえ。)遠路はるばる毎朝会いに来てくれた。

吉田医院に入院していたのは5日間。かなりのエンジョイライフを送った。
ちっちゃなちっちゃなcamiを1日中ガン見し、”ママでちゅよぉ”みたいな事を言ってはテレ、
つけたてホヤホヤのcamiという名前を何度も口にし、再び感動してはホロリ・・・
そして快適な5日間はあっという間に過ぎ去り、再び世田谷までの長旅。
すぐには家に戻らず出産予定だった助産院で2.3泊・・・・のつもりが1泊で切り上げ。
f0079249_2292370.jpg
 
 -2日間も苦しんだ場所はスッキリした後も重苦しい空気が流れている気がした。
   そのnaoの憂鬱さをcamiも感じ取ったかその夜はものすごい大泣き。まいった・・・
   そんな訳で早々と次の日の早朝安らぎの我が家へと無事生還したのでした。

さぁ!!これからが育児本番!!
かぁちゃんがんばるぞぉ!!!!!!
   
[PR]
by happeacemile | 2006-03-07 22:20 | EL CAMINO 記憶の旅