カテゴリ:cami's life( 25 )

cami画伯

f0079249_18175757.jpg

cami2歳5ヶ月、こんな絵が描けるようになりました。
ほんの1週間前までしか描けなかったのに。
この劇的な成長ぶりはナンなんだ?!
ほおっておくと、ず~っと1人でお絵かきしてる。
静かだなぁと思うとお絵かき。
目覚めたね。


← 「とぉちゃん」
見えなくもないでしょ??
そこが目で、鼻で、口で、
癖っ毛も上手に描けてるよね。

  



f0079249_20561526.jpg


       「トモ・ケイジュン」 →
   camiが大好きな従兄の2人を描いたらしい。
        親バカ的に言いますと、
        黒目の位置がなかなか素晴らしい!
        口の形にもご注目!!




f0079249_20472460.jpg
← 「ぶぅ~ぶ」 (車) 
分かります??
タイヤが4つに、窓が3つ。
この絵が劇的成長を遂げたcami初の作品。











f0079249_18562938.jpgこの2つは 「どきんちゃん」「ばいきんまん」
角(?)がちゃんとある。
f0079249_190065.jpg

















camiが生まれて、寝返りをうって、お座りをして、立ち上がり、最初の一歩を踏み出し、元気に走り回る今となってはビックリするような変化、成長はなかなかもうないかな?と思っていた。
唐突に新しい言葉を口にしたとき、お友達に優しくしてあげたとき、上手にお歌を歌っている時、夢を見て「小さいぶぅ~ぶがなくなっちゃった~」と泣きながら起きてくるとき、滅多にグズらないcamiが「とぉちゃんに会いたいよぉ、一緒にご飯食べたかったぁ~」とめそめそしている時、f0079249_19341217.jpg「かぁちゃんがだ~いスキ!!」と抱きついてくれる時、
毎日毎日、沢山の喜びと驚きがある。
好き勝手に、自由奔放に、今までの人生を楽しんできたnaoだけど、こんなにも毎日幸せを感じられるなんてことはなかったな。
子供ってすごい!
camiってすごい!!
いつもいつもnaoを笑顔にしてくれてありがとう。
今度はかぁちゃんの絵も描いてね。





2007・JANUARY・30
[PR]
by happeacemile | 2007-01-30 20:37 | cami's life

mama

f0079249_2203456.jpgもうじき2歳6ヶ月になるcami。
1歳になる前から通っているスイミングスクール、コナミで初の「親離れクラス」を体験した。
ほとんどの子供が号泣するらしい。
「camiは大丈夫そうだね。」
みんなにそう言われていた。
もちろん親であるnaoも、camiの泣いている姿は想像できない。
camiが生まれて2年と6ヶ月、一度も人にcamiを預けたことはない。両親ですらも。
でも、ちょっとそこまで散歩、naoがいなくても、d,dがいなくても全然平気。
初めて会った友達のお父さんとかにも平気でついて行っちゃう。
まるで、naoなんかいなくても生きていける・・・みたいな顔してる。
プールはどうだったか・・・    すっげ~号泣!!!
「頑張ってきてね~」
「は~い、ばいば~い。」
そんな感じで出発したが、コーチいわく、「隣の子につられた」らしい。
camiの隣に座っていた子は、母ちゃんとバイバイする前からものっすごい泣いていた。
「かわいそうだから、もうやめなよ・・・」と言ってしまいたくなるくらい。
その日初体験だったのはcamiとその子の2人、端っこに座らされて、楽しそうな集団からは離れてしまった。
号泣の子を見て、ただならぬ気配を感じたんじゃないか・・・とコーチ。
「ママ~ママ~ママ~・・・・」   ママって・・・・、かぁちゃんの呼び名までつられてるよ!!
ロッカーに戻ってきた時にはケロッとしてたけど、naoは少し残念な気分。
楽しそうな集団の中に入れてくれれば、きっとcamiも楽しめたはず。
大好きなプール、楽しまなくちゃもったいない。
来月も挑戦する予定の親離れ。次こそは、楽しい思い出になりますように・・・・

ちなみに、camiが泣きながらロッカーに帰って来た時のnaoの第一声、「ママって呼ばないで。」
cami、我に返ったように苦笑いしてました。


f0079249_2415877.jpgコナミの新しい友達kaito。
笑顔がとってもキュートなイケメン。
ぜひ、camiの幼馴染&親友に!f0079249_2451520.jpg














f0079249_2472156.jpgコナミのマドンナ!
←rikachann    ↓miyuuchannf0079249_2493476.jpg



















コナミは、ホントに沢山の友達と出会わせてくれました。
男の子も女の子も、ママさんたちも、みんなゆかいでかわいい人たち。
これからもず~っとず~っと、仲良しでいられますように。

camiが愛する、おなじみ amonn↓
f0079249_255218.jpg



2007・JANUARY・28
[PR]
by happeacemile | 2007-01-28 03:02 | cami's life

pie2

f0079249_241256.jpg2007年1月19日、
今日もcamiはパイをくわえずに眠りに落ちました。
一度は言った、「おっぱい・・・」
「え~?うそ~、おっぱい?」
そしたら寝ちゃった。
やばい。やばいやばい。 やだやだ。
ということで、起こしました。
「cami,cami,cami~,cami~~。」
「・・・・・・・なに?」
「おっぱい・・・いく??」
「おっぱい? へへ・・・ チュウチュウ・・・」
あぁ、かわいい。
かわいすぎる。 
naoのcami・・・・・
ほんの少しくわえてまた寝てしまった。

cami、こんなかぁちゃんでごめんね。
ふらふらした気持ちでcamiを惑わせてるよね。
でももうちょっと、赤ちゃんのままのcamiでいてね。




2007・JANUARY・19
[PR]
by happeacemile | 2007-01-20 02:22 | cami's life

pie

この何ともやるせない喪失感・・・
真夜中2時・・悲しくて、切なくて、恋しくて、涙が出た。 camiが遠くへ行ってしまうような気がした。

2007年1月18日(木)。cami、2歳5ヶ月13日。もう3日も大好きなパイをくわえていない。
断乳なんて、するつもりはまったくなかった。camiが言葉をしっかり理解して、自分からやめると言い出す日まで。

f0079249_044812.jpgことの発端は2日前の昼寝時いつものように布団に入りパイをくわえる。
眠くないようで2・3回チュウチュウすると、布団から這い出して一人で遊びだす。
そのうちウトウトしているnaoの顔面に誤って蹴りをいれ、naoキレる。
「オッパイ飲んで寝ない子は、もうパイあげない。camiはオッパイばいばいね。」
なんと大人気ない。  「心を広く」今年の抱負のはずだ。

”断乳なんて、するつもりはまったくなかった” とは言っても、2人目のことを考えるとそろそろかなとも思う。
できちゃったわけじゃない。下の子を理由にcamiにパイをやめさせるのはかわいそう・・・と思うと、できちゃう前にやめなければ。
まだまだcamiだけでいい、camiと2人きりでいたい。と思いつつも、camiのためにはもうじきできちゃってもいいのかな・・・そんな風に思い始めていた。
 
いつもなら、「パイないよ」と言うと半分演技で号泣するくせに、その日は違った。
「オッパイないの? そうか。」 そう言って眠ってしまった。
この日は昼寝をしなかったため、疲れてパイどころじゃなかったのかな?バタンキュウだね。

そして次の日、「オッパイのむぅ」 「あれ?camiオッパイばいばいしたんじゃなかったっけ?」 「そうか」(寝) んっ?んっんっ?? でもまさか・・・ まさかね・・・

そして今日、「オッパイのむぅ」 「camiオッパイばいばいしたじゃん」 「え~、してないよぉ」 ふっ、やっぱな。
服の上からパイをまさぐり、「あっ、あった!!」 「それはパイじゃないよ、豆だよ。」
すると何を勘違いしたか布団にもぐりnaoの胸をゴソゴソ、顔を出して 「なおったよ、修理したよ。もう大丈夫。」 ちょっと意地悪しようと思って、「うそ~、ないよ~。」
camiはいつになく穏やかな顔で目をキョロキョロさせ、ご機嫌に独り言をペラペラ、naoの顔を撫でてくれたり、チュウをしてくれたり・・・なんてかわいいんだろう、どのタイミングでオッパイ出そうかな? なんて考えてたら、 
f0079249_249363.jpg「かぁちゃんが だ~いスキ」 そして目を閉じた。
えっ??!寝ちゃうの?? そしたら何だか泣けてきた。
camiは何かを感じ取ってるのかもしれない、と思った。
ホントはオッパイくわえたいのに、どうして泣いたりわめいたりしないんだろう?
泣き叫べば、どんな時だってすぐにパイが出てきたのに・・・
脳天気にニコニコヘラヘラしていたcamiの顔を思い出すと、また泣けてくる。
意地悪してごめん・・・って言いたくなる。
脳天気にヘラヘラしてたんじゃなくて、camiなりに一生懸命だったのかもしれない。
そう思ったらやるせない。

「きっと、時期なんだよ。」と、d.dは言う。
そうかもしれない。
camiが生まれてから2年と5ヶ月、1日も欠かすことなくあげてきたパイ。
そう簡単にやめてたまるか!!
明日はあげちゃお。一つ返事でポロッと出しちゃお。 午前3時の決意。
2人目?まだまだ。 まだまだず~っといつまでも、camiだけを見ていたいかぁちゃんです。



2007・JANUARY・18
[PR]
by happeacemile | 2007-01-19 03:13 | cami's life

new yearz eve

f0079249_19103315.jpg

2006年12月31日、
今年最後の日はとってもよく晴れた綺麗な空。
クリスマスに引き続き、今日もd.dは奇跡の休み。
年越しを一緒にできるなんて、何だか素敵。
いつもどうり、駒沢公園の石畳で家族3人のんびり過ごす。
大晦日って感じがしないねぇ・・なんていいながら。





あっという間に過ぎていったように思う2006年。
何かをやり遂げたわけでもなく、海外旅行のなど、特別思い出に残るようなイベントもなく、
ただただ、何事もなく普通に過ぎた1年。
f0079249_1916730.jpgでも、その何気ない普通の日々がとっても幸せだった。
沢山笑って、沢山怒って、沢山泣いて、沢山遊んだ。
camiは2歳になり、少しお兄ちゃんなった。やんちゃになった。優しくなった。
naoはどうかな?母として、妻として、女として、少しは成長できたかな?
今年の反省・・・   
沢山ありすぎて書ききれません。
ただ、自分の都合でcamiを怒りまくってしまったこと、これだけは真剣に反省したい。
cami、ごめん。
空にはお月様。
今年も無事に年が越せそうです。


f0079249_19464222.jpg



2006・DECEMVER・31
[PR]
by happeacemile | 2007-01-09 19:50 | cami's life

the polar express

f0079249_21282262.jpg「一生懸命ソリをひいて喉が渇いたトナカイさんに牛乳。お腹が空いてるサンタさんにはクッキー。」
サンタさんの目印になるようにと、窓辺にクリスマスツリーを飾り、牛乳とクッキーを用意して眠りについたクリスマスイヴ。
朝目覚めると、飲みほされた牛乳と袋だけになったクッキーの代わりに電車のおもちゃ。
始めはボー然としていたcamiも、状況を飲み込んだのかおおはしゃぎ。
その瞬間を見逃すまいと、起きてきたd.dも巻き込んで我が家は朝からPUNKのライブ会場のように飛んだり跳ねたり。


f0079249_11102754.jpg
今年のサンタは、素敵な奇跡も運んでくれた。
それはd.dの休み。
年末は忙しく、クリスマスはもちろん、年越しを一緒に過ごしたことさえない。
naoにとっては最高のクリスマス。
当然camiも大喜びだ。
特別なところへはどこにも行かず、ファミレスでブランチをし、駒沢公園で鳩を追い掛け回し、家に帰り昼寝。いつもと同じ時間を、いつもより少し幸せな気分で過ごした。
平日の誰もいない駒沢公園はnaoのお気に入りのひとつ。
何故かとっても幸せな気持ちにさせてくれる。
おもちゃも遊具も何もないこの石畳を走り回るcamiを見てるのが大好き。
そんなcamiをnaoにさえ見せたことのないような優しい目で見ているd.dのコーヒーを飲む姿が大好き。
クリスマスはやっぱり家族で過ごさなくちゃ。
どうぞ、来年もd.dに休みをお与えください・・・



f0079249_1128127.jpg夜はお家でささやかなパーティー。
camiの大好物、宅配インドカレーにちょっと豪華なクリスマスケーキ。
夢いっぱいの ”ポーラーエキスプレス” を見ながらクリスマス気分を満喫しました。

f0079249_113518100.jpg






VERRY MERRY CHRISTMAS!!!
最高の幸せをありがとう。




                         2006・DECEMBER・25・HAPPY CHRISTMAS
[PR]
by happeacemile | 2006-12-28 11:56 | cami's life

shima

f0079249_210225.jpg
”しまじろうクリスマスコンサート” に行ってきたよ。
aoi&mao、プリチーガールに挟まれて、camiご満悦。
歌や踊りが盛りだくさんで、跳んだり跳ねたり大騒ぎ。
今月で辞める予定のこどもチャレンジ、こんなに喜ばれると悩むなぁ。

「しまじろう 
   サンタさんへのプレゼント」
X’mas本番前の素敵な余興になりました。


camiとaoi。 生まれたその日から、姉弟のように育ってきた。
いつまでも、どこまでも、ずーっと仲良しでいられるといいね。
f0079249_21115581.jpgf0079249_2112147.jpg
   












2006・DECEMBER・21
[PR]
by happeacemile | 2006-12-27 21:16 | cami's life

in those days

f0079249_2012071.jpgmaiki&taikiと代官山に行ったよ。
naoの代官山デビューは18年前。
13歳、中学生の時だ。
その頃は、店といえば”ハリラン”と”デタント”、”tom’s sandwichi”くらいしかなかったんじゃないかな?
同潤会アパートがすごくいい感じで、「大人になったら絶対ここに住む!!」と、夢見ていた。
ちょこちょこ遊びに行くくせに文句を言うのもなんだが、今の代官山はロックじゃない。
ここは渋谷か?新宿か?
人ばかり多くて、店はさっぱり×××。

と、いろいろ文句を言いながらも、ショッピングにランチ、公園にも立ち寄って充実したお出かけ。
f0079249_20311460.jpgX’mas気分を盛り上げるため、恵比寿のガーデンプレイスまで足を伸ばす。
12年前、ガーデンプレイスのすぐ裏にd.dが住んでいて、naoも毎週末お泊り。この辺りはよく一緒に歩いたり、バイクに乗ったりしていた。
何だか懐かしくて、嬉しくて、ドキドキした。
いろんな思い出が頭の中を駆け巡る。
青春だわね。
今度はとぉちゃんも一緒に来ようね。f0079249_20383031.jpg













f0079249_20452537.jpg
冬至。 柚子湯。
とってもいい匂い。
日本人って素晴らしい。





      

       2006・DECEMBER・20
[PR]
by happeacemile | 2006-12-27 20:57 | cami's life

party before X’mas

たんぽぽ会のX’mas パーティ

f0079249_18165686.jpgf0079249_18171743.jpg



















f0079249_18241643.jpg

手作りX’mas cardを作り、
紙芝居「いちばんはじめのサンタクロース」を鑑賞し、
♪あわてんぼうのサンタクロース を大合唱し、
サンタさんにプレゼントをもらい、
かわいくて、おいしいケーキを食べた。

突然のサンタさん登場にcami、子供達、呆然。
サプライズ登場で、ママ達大興奮。

一足早いX’mas、
大好きなtenntennと、思いっきり楽しみました。









f0079249_1832464.jpg




2006・DECEMBER・8
[PR]
by happeacemile | 2006-12-08 18:35 | cami's life

yorimichi

     camiと2人、おにぎりを食べながら何気なく遠くに目をやった。
     駒沢公園の紅葉。 東京も捨てたもんじゃない。
f0079249_20191464.jpg


雲1つないよく晴れた気持ちのいい午後。f0079249_20253533.jpgf0079249_2025557.jpg
1年中、毎日のように訪れるこの公園、秋はこんな素敵な姿を見せてくれるんだ。
6年近く駒沢に住んでいて、今初めて知ったように思う。
用事の合間にほんのちょっと、お弁当を食べるために立ち寄った公園。
ボールも、砂場セットも何もない。
でもcamiの顔はとっても幸せそうに見える。
何だか気持ちがとっても暖かくなれる、素敵な寄り道でした。




f0079249_20424638.jpg

落ち葉の絨毯。
寒くて、少し寂しげで、
あまり好きになれなかった冬。
camiと一緒なら、大好きになれそうな気がするよ。
冬のいいところ、
たくさん、たくさん探しに行こう。






          

               2006・DECEMVER・2
[PR]
by happeacemile | 2006-12-03 20:55 | cami's life