k‐meeting

f0079249_2047121.jpgcamiと2人、新幹線に乗り新潟へ5日間の帰省。
乗り継ぎや電車移動で約3時間~4時間の長旅、d.dのいない不安は隠せない。
そんなnaoの気持ちを知ってか知らずか、camiはとってもいい子だった。
駒沢から東京駅までの道のりも、自分の足で歩いてくれた。
きっぷを買う時も、電車を待っている時も、お弁当を買う時も、ちゃんとnaoに寄り添っていてくれる。
2時間弱の新幹線の中も、静かに座りチョロチョロ歩き回ることもなかった。
不安の種だと思っていたcamiに、すごく助けられた。
心強かった。
これほどまでの遠出は初めてだけど、2時間程度の電車の旅はちょくちょくしている。camiの小さな手をにぎりながら、しっかり歩いてくれるcamiを見るといつもなんだかとっても幸せな気持ちになる。グズグズ言わずに、いい子でいてくれるcamiがけなげに思える。
そう、camiはいつだってnaoを助けてくれる。それなのに、不安になんか思っちゃってごめんね。
camiのことなんでもわかってるつもりだったのに。
f0079249_22212537.jpgcamiと一緒なら、naoはどこまででも行ける。
今度は2人で温泉旅行でも行ってみようか?


新潟柏崎、ここはcamiにとっては楽園天国。
優しくて、ゆかいなtomo兄ちゃんとkeijunn兄ちゃんが朝から晩まで遊んでくれる。
常にハイテンションで笑顔が絶えない。
じぃじ、ばぁばの暖かさに触れ、おいしいご飯をいただき、心も体ものんびりゆったり癒された旅でした。f0079249_1594766.jpg









新潟はd.dの実家。d.dの休みが取れるのを待っていたらcamiは小学生になってしまいそうなので、可愛い盛りのcamiをじぃちゃん、ばぁちゃんに会わせに行った。
camiのために、じぃじ、ばぁばのために、そう思っていた旅が、結果、naoを一番楽しませてくれた。
暖かく迎えてくれた新潟の家族、ありがとう。
雪が積もる頃、また会いに行きます。




                                      2006・NOVEMBER・19-23
[PR]
by happeacemile | 2006-11-30 02:28 | cami's life
<< zoo FRE MA !! >>