NOVEMBER・5

f0079249_846725.jpg2006年11月5日、今日はnao母の誕生日。
電車に揺られ、大好きだったユリ、カサブランカを持ってお墓参りに行ってきた。
生きていれば61歳、心配の種の悪ガキ2人(nao&nao兄)も何とか人並みに親となり、かわいい孫2人を連れてのんびり散歩したりしていたかな?
おばあちゃんに手を引かれている小さな子供を見ると、そんなことを思い少し寂しくなる。
ある日、星を見上げて「ばぁばはお星様になったんだよ・・・」とcamiに言ったことがある。すると次の日、「ばぁばに電話する」と言い出した。
「どのばぁば?」と聞くと、「お星様になったばぁば。」 「・・・・。」
ponntaが亡くなったことは理解している。
「ponnちゃんいなくなっちゃったね、お星様になっちゃったね。」と自分から言ったりするのだ。
きっと会ったことのないばぁばのことはどこかにいると思っているのだろう。
もう少しcamiが大きくなったら、ばぁばの話を沢山してあげよう。
強くて、優しくて、若い頃は”吉永小百合”と言われる程の美人さんで、決して人を見た目や学歴で判断しない、肝っ玉かぁちゃんだったこと。そんなかぁちゃんにnaoもなりたいと思っていること。ばぁばはホントに沢山の人に愛されていたんだよ、って話してあげよう。
お母さん、私たちはみんな元気です。
VERRY VERRY HAPPY BIRTHDAY!!!


2006・NOVEMVER・5
[PR]
by happeacemile | 2006-11-06 10:51 | cami's life
<< tender hearted happy hour >>